【家づくりNet】注文住宅、リノベーションのことなら。 福岡で家づくりをご検討されている方必見!!

「心地よい」の根っこに 気づかせてくれる家

木の家
すっきり、すがすがしい。Gさんの住まいには、 そんな表現がよく似合う。懐の大きな空間と、 細やかなディテールが家族のくらしのリズムに、優しく寄り添って。

ものづくりに対する思いに 共感できたところが決め手に

壁にディスプレイしたスワッグなどの「グリーン」を楽しむべく、壁全体を「白」の塗り壁に。木の部分は「チーク色」で空間をすっきりとした印象に

お嬢さんが小学校に上がる前に家を建てると決めていた、というGさん。約4年前から、この日のために動き出し、まず土地は、数カ所の中からご主人の実家の横が候補地に。しかしそこは、林! それをなんと、自ら整地したというから驚きだ。奥さま曰く、「主人がガーデニング関係の仕事をしているので、自分たちでやろう!と。汗だくになりながら家族総出で頑張りました(笑)」。

そしてビルダー探し。こちらは、兼ねてから気になっていたビルダーがあり、それが、この家を依頼することとなった[想創舎]だった。以前、住んでいた家の近くで、[想創舎]が主催するイベントにも参加したことがきっかけで、雰囲気に惹かれ、その後もイベントや見学会に参加。スタッフとも少しずつ顔見知りになる中で、『やっぱりここにお願いしたい』と、その思いは高まっていったそう。

「ただ、私よりもインテリアに詳しい主人の好みは、どちらかと言うとメンズライクな感じ。なので、完成見学会などに同行してもらったりしながらじわじわと…(笑)」。結果、ご主人も、[想創舎]のものづくりの思いに共感。同社に委ねる事をきめたのだとか。

完成したG邸は、玄関を入り、右側のゾーンに子供部屋と主寝室、左側のゾーンにLDKとバスルームを配置する間取りに。唯一、夫婦の間で意見が別れたのが畳スペースのあり・なしだった。「私はあり、主人はなし。ふたりの意見の間を取って、広さはコンパクトに。あと畳だけれど、リビングとのつながりが良い小上がりに。結果、子供たちがおもちゃを広げたり、お泊まり会をするのに便利で、めでたしめでたしです(笑)」。

そして誕生した自慢のLDKには、ご主人がセレクトした家具、それに合わせて自らが手塩にかけて育てたグリーンをコーディネート。家族の誰もが納得の、心地いい空間が仕上がった。

毎日のルーティンも この家でなら楽しみに

棚はすべてトーンを合わせてもらった造作。奥に作ったパントリーには冷凍庫や食材のストック棚を

新しい家での暮らしが始まって、これまでの暮らしと明らかな違いを感じているのはきっと奥さまだ。リビングの奥に配置されたキッチン、その隣にバス&洗面、さらに奥にはランドリールームも。まさに「文句なし」の動線が、日々の暮らしを支えている。「家事は毎日のことなので、動線が少し改善されるだけでも全然違うんです。 このレイアウトは最高ですね。あとはキッチンの奥に小型冷凍庫が収まるようなパントリーを作ってもらったり、リビング側からシンクが丸見えにならないようにカウンターの高さを上げてもらったり…。 〝こうだったらいいな〟というリクエストをちょこちょこと加えながら、理想の空間づくりを叶えていただきました」。

「だって、この家、暖かいんだもん」と、お姉ちゃんはいつも半袖・裸足が定番。みんなが大好きなリビングにて

そんな中で生まれた場所がもうひとつ。それはリビングに隣接した「スタディスペース」。子育て世代が注目する、リビング学習を実践してみたいと設けたそう。「“一角” だと落ち着かないかも…と思い、あえて小さな部屋スタイルに。子どもたちが集中してくれることを期待してます(笑)」。

新しい感動に出会えるから 巡る季節が楽しみに

アパートから一軒家に移り、驚いたのはその暖かさ。気密性の高いFPの家の魅力を、改めて知ったというGさんだ。「前が、外の気温をダイレクトに受ける家だったので、家を建てると知った息子の一言目が〝快適なおうちを作ろう〜〟(笑)。この家は、どこにいても室温が一定で、暑さ・寒さのストレスから解放されたのが何より嬉しいです」。

また自然に囲まれたG邸ならではの魅力が、窓の外に季節感あふれる風景が広がること。「例えばベッドルームの横長の窓。雪の日、ここから見えた景色がまるで軽井沢? と言えるくらいロマンチックで。思えばどの窓も、景色をちょうど良い感じに切り取るサイズや場所にあって。それもきっと想創舎さんのセンス。どこにいても、どこを見ても心地良さが感じられる家、本当に気に入っています」。

物件情報

特別キャンペーン資料請求特典