家づくりnet 福岡で家づくりをご検討されている方必見!!

20年、30年経ってもきっと、 この家のことが大好きだと思う

「わたしたちの暮らしに合った家」は、ナチュラルで、機能的で、 コンパクトな家。だからこそ今、理想の毎日を送れています。

コンパクトで暮らしやすい
そんな家が理想でした


キッチンカウンターとダイニングテーブルを続きで配置し、リビングとゾーン分け。「『食べる』『くつろぐ』のメリハリができて嬉しい」と奥さま

 

「家は、小さくていいかなと思っていたんです」とIさん。夫婦と子ども二人の4人暮らし。今は幼稚園児の子どもたちがこの先、成長していっても、暮らしの中心はきっとリビングにあって、寝るときにだけ各部屋に戻っていく。そんなライフスタイルがしっかり思い描けていたからだ。
平屋の家は、LDKを中心に、主寝室と子ども部屋、さらに和室も隣接していて、あとはキッチンからすぐの場所に水周り、ウォークインクローゼットという間取り。思った以上にコンパクトだ。
「出していただいたプランを見たとき、〝さすがに収納はちょっと少ないかも?〟とも思ったのですが、いざ引っ越してみると、我が家にとって必要なものがピッタリと収まるサイズ。そのおかげで、無駄なモノを増やさず、好きなものにだけ囲まれる暮らしが実現したようにも思うんです」。

趣味の合う、頼れる先輩と
家づくりを楽しめた感覚

結婚後、宗像市で暮らしながら、よく朝倉方面にもドライブに出かけていたというIさん夫妻。そのルート上に、通るたびに気になっていた建物があった。「何のお店だろう? と、ずーっと気になっていて。ある時訪ねてみたら、住宅の展示場! その時は素敵だなぁと思いながらパンフレットだけいただいて帰ったんです」。
そして3年が経ち、本格的に家を建てようということになった時、改めていろんなハウスメーカーを尋ねてみるも、二人の心の中には同じ気持ちが芽生えていた。
「想創舎の家に漂う雰囲気が、やっぱりすごく好きだなぁと。あとは、打ち合わせに行っても本当に営業されない(笑)。インテリアコーディネーターのマキさんが、“趣味の合うお姉さん”のような立ち位置で、一緒に家づくりを楽しんでくれる感じもすごく良かったんですね」。
打ち合わせを重ねても、迷うことが一度もなかったというIさん。「先に家を建てた友人たちから、〝家づくり、大変だよ〟と言われていたけど、何を決めるのにも、私たちが好きなものを先回りして準備してくれているのですべてがスムース。あっという間に夢が形になりました(笑)。

 

大好きな家に暮らすうちに
日常がすべてスペシャルに


食器などはすべてシステムキッチン内に収納し、造作のオープンな棚にお気に入りの雑貨だけをディスプレイ。リビング側のニッチは、子どもたちの作品を並べるギャラリーに

取材に訪れたのは11月下旬。平年よりも若干暖かめだったとは言え、Iさん夫妻がどちらも裸足だったことにびっくり。「木の感触が気持ち良くて、つい靴下を脱いじゃうんです(笑)。オークの床材にヒンヤリ感がないのも大きいですよね」。さらに「ポカポカエピソード」にはもうひとつ。引っ越しは2月だったが、「子どもたちが幼稚園に行く時、〝絶対に上着は着ない!〟と言い張って。仕方ないなぁと思って外に出たら〝あっ! お外は寒いんだね。やっぱり上着を着よう〟って」。
家全体が高断熱・高気密の断熱材で覆われ、年間を通して一定の温度で保ってくれる『FPの家』ならではのエピソードだ。
またこの夏、I家では20代のフランス人女性のホームステイを受け入れることに。その彼女から、改めて、この家の魅力を気付かされたこともあったそう。
「リビング横の小上がりにお客さまを迎えられるようになったことで、そうした貴重な体験ができたこともあるのですが、ある朝、彼女がホットレモンを片手に庭でくつろいでいたんです。〝何をしているの?〟と聞いたら、〝ここから眺める朝日がすごく好きだから〟と教えてくれて。わが家にそんな素敵な過ごし方があったんだということを、改めて気付かせてくれたんです」。
この家に暮らしてからは、庭にハーブや実のなる木を植えて育てたり、庭から見える山に家族でハイキングに出かけたり。暮らしの楽しみがグンと増えたというIさん。「日常の何気ないことを楽しめる生活、最高です。そんな私たちを守ってくれる家のことが、20年30年経ってもきっと大好きだと、自信を持って言えます」。嬉しそうに話してくれる奥さまの横で、ご主人もにっこり。その表情がすべてを物語っていた。



リビングのすぐ隣に主寝室を配置。子ども部屋もリビングから直接アクセスできる間取りにして動線を短く

物件情報

特別キャンペーン資料請求特典