【家づくりNet】注文住宅、リノベーションのことなら。 福岡で家づくりをご検討されている方必見!!

「心地よい」の根っこに気づかせてくれる家

ものづくりに対する思いに共感できたところが決め手に

お嬢さんが小学校に上がる前に家を建てると決めていた、というGさん。約4年前から、この日のために動き出し、まず土地は数ヵ所の中からご主人の実家の横が候補地に。しかしそこは、林!それをなんと、自ら整地したというから驚きだ。奥さま曰く、「主人がガーデニング関係の仕事をしているので、自分たちでやろう!と。汗だくになりながら家族総出で頑張りました(笑)」。そしてビルダー探し。こちらは、かねてから気になっていたビルダーがあり、それが、この家を依頼することとなった[想創舎]だった。

 

以前、住んでいた家の近くで、まずは奥さまがその雰囲気に惹かれ、何度もモデルハウスに足を運び、[想創舎]が主催するイベントにも時折参加。スタッフとも少しずつ顔見知りになる中で、「やっぱりここにお願いしたい」と、その思いは高まっていったそう。「ただ、私よりもインテリアに詳しい主人の好みは、どちらかと言うとメンズライクな感じ。なので、モデルハウスの見学などに同行してもらったりしながらじわじわと・・・(笑)」。

 

結果、ご主人も、[想創舎]のものづくりの想いに共感。同社に委ねることを決めたのだとか。完成したG邸は、玄関を入り、右側のゾーンに子ども部屋と主寝室、左側のゾーンにLDKとバスルームを配置する間取りに。唯一、夫婦の間で意見が分かれたのは畳スペースのあり・なしだった。「私はあり、主人はなし。二人の間の意見を取って、広さはコンパクトに。あと畳だけれど、リビングとのつながりが良い小上がりに。結果、子どもたちがおもちゃを広げたり、お泊り会をするのに便利で、めでたしめでたしです(笑)」。

 

そして誕生した自慢のLDKには、ご主人がセレクトした家具、それに合わせて自ら手塩にかけて育てたグリーンをコーディネート。家族のだれもが納得の、心地いい空間が仕上がった。

物件情報

特別キャンペーン資料請求特典