【家づくりNet】注文住宅、リノベーションのことなら。 福岡で家づくりをご検討されている方必見!!

家族の時間を彩るゆとりを生む家づくり

遠賀郡在住 Aさんの住まい

幼い頃からマイホームを夢見ていた奥さまがリードした家づくりは

家族と一緒に過ごす時間を生み出す「間」の空間使いが印象的。

信頼できるビルダーを得たことで「好き」がカタチになりました!

白い外壁に芝生の緑が映える、明るい外構。駐車場スペース兼アプローチを広く設けることで家全体が視界に収まりやすく、シンプルな美しさが際立った

 

家づくりの夢を記した
一冊のノートから始まった

絵本から飛び出したような、真っ白の三角屋根がひと際目を引くA邸。幼い頃から自分の家を持つことが夢で、間取りを考えるのが好きだったという奥さまが見せてくれたのは、マイホーム計画が書き込まれた一冊のノートだ。そこには、完成した家と同じ三角屋根のスケッチが、計画の当初から描かれている。A邸の家づくりをリードしたのは奥さま。ご主人も「妻は好きなモノがはっきりしていてブレることがない。僕もそれを信用しているので、安心して任せることができました」と微笑む。Aさんの“夢”が詰め込まれたノートには、何度も書き直して理想に近づけていったという間取りのスケッチや、家づくりで叶えたあれこれがびっしり記されていて、お二人の試行錯誤とワクワク感が伝わってくる。

そのイメージをカタチにしたのは、Aさんが選んだ分譲地の販売元[東洋建設]の兼光さんと、設計士の松尾さん。「できるできないは別にして、やりたいことをすべて伝えて、その上でより良いものをブラッシュアップして提案してくれたのが東洋建設さんでした。担当の兼光さんとは共通の趣味もあり、すぐに打ち解けられたのが良かったです」と語る。

 

「家族4人が座れれば良い」と割り切った玄関は、シューズクロークや姿見、透明パーテーションを設置することで圧迫感を感じさせない造りに

 

モノトーン+無垢材で統一されたインテリア。奥さま憧れのラウンドテーブルを中心に木の家具をポイントにすることであたたかみのある空間が生まれている

 

玄関を入ると、透明のパーテーションの向こうには、広々としたリビング。外壁と同様に、ホワイトでまとめられた室内はシンプルでスタイリッシュだ。照明を点けずとも明るいのが印象的。そういえば、Aさんのノートの一番上に書かれていたのは「とにかく明るい家。最高が大事」という言葉。大きく開かれた窓から射し込む柔らかい自然光がAさんの夢の実現を物語っている。

 

リビングにつながる掃き出し窓の外は、水遊びやバーベキューができる小さなお庭。作った料理をもってお外ごはんが気軽に楽しめる

 

“間”のスペースの活用で
敷地を最大限広く使用する

階段下を利用した猫用トイレと、奥さま念願のランドリールーム。部屋干しからアイロン掛け、収納まで一気に行える便利なスペースだ

 

幼稚園に通う長女と、生まれたばかりの長男+2匹の猫と暮らすAさん夫婦。慌ただしい子育て中のお宅とは思えない、“ゆとり”のある空間づくりの秘密は、通常は廊下となる“間”のスペースに用途を持たせたことにあった。例えば、1階のLDKを拡張して使えるようにした和室や、LDKに洗面やファミリークローゼット、ランドリールームを連結させた回遊動線による無駄のない間取りなどがそうだ。

その上で大切にしたのは「家族が一緒に過ごす時間」。その工夫は、どこへ移動するにも家族が必ず顔を合わせるようにと採用したリビング階段や、2階とのつながりが感じられる階段壁面の室内窓などにも表れている。また、シューズクロークにはじまり、ファミリークローゼットや階段下収納、大容量のパントリーや両面収納を完備したキッチンを選ぶなど、収納スペースも上手に確保して、床に物を置かないすっきりとした暮らしを実現している。

 

裸足が心地いいLDKのフローリングは抗菌・消臭効果のあるikutaのエアー・ウォッシュ。淡いトーンと幅広デザインで、部屋全体が明るいイメージに

 

 

潔く諦めることで
豊かな時間が手に入った

セカンドリビングはご主人のオーダーでシアタールームに、音響設備に詳しい兼光さんのアドバイスで最高の環境が完成

 

1階に生活空間を集め、2階に子ども部屋や書斎などのプライベート空間を集めたA邸。ここでも“間”の空間が生きていて、階段上の踊り場が、家族で過ごせるセカンドリビングになっている。来客なども多い1回のリビングに比べ、セカンドリビングはよりプライベートな場所を意識して、壁一面に本棚を設け、ご主人の夢だったシアタールームにすることで、映画を観たりゲームをしたり、ゴロゴロくつろげる空間になっている。「将来、子どもが友達を連れてきても、安心して遊べる空間にしたかったんです。ここでお泊り会などができればいいな」。

 

こういった「ゆとり」の空間を生むために、優先順位が低いものを諦める潔さも大事だ。「たとえば、寝るだけの場所をつくるのはもったいないと思い、夫婦の寝室は諦めました。その時々で寝る場所を変えていくのもいいですよね」。効率的でニューノーマルな生活空間とプライベートな空間を「家族で楽しめる」理想の暮らし。A邸の家づくりには、真似したいアイデアがいっぱいだ。

 

奥さまのセレクトのキッチングッズで統一されたお気に入りのコーナー。料理中もリビングの様子が伺える対面キッチンを選んで家族一緒の時間を大切に

物件情報

会社情報

社名 株式会社東洋建設
本社/支店所在地 福岡県遠賀郡岡垣町桜台14-10
施工対応エリア 北九州市、遠賀郡、宗像市、福津市近郊
電話番号 0120-181-042
FAX番号 093-282-1746
ウェブサイトURL https://house.toyo-kensetsu.jp/
ブログURL https://house.toyo-kensetsu.jp/blog/blog-okagaki-cyumonjyutaku/
Facebook https://www.facebook.com/toyokensetsu.jp/
Instagram https://www.instagram.com/toyostyle/
営業時間 9:00~17:00
定休日 水曜
取扱工法 木造軸組工法
参考坪単価 60万円〜
保証体制 JIOによる住宅瑕疵担保責任保険、地盤長期保証20年
アフターメンテナンス 無償定期点検(永年)
会社設立 1974年4月1日
施工実績 6棟(2019年度)
従業員数 24名
特別キャンペーン資料請求特典