【家づくりNet】注文住宅、リノベーションのことなら。 福岡で家づくりをご検討されている方必見!!

この家を得たことで毎日がもっとカラフルに

3度目の正直で出会えた
理想の家を叶えるビルダー

新しく造成された住宅地の中でも特に見晴らしの良い場所に立つK邸。周りに遮るものは何もなく、日当たり抜群。家の中にも至る所から光が入り、贅沢に使われた木の質感とも相まって、心地いい!

外壁はブラックのガルバリウム剛板貼りに。玄関やデッキ上の部分に木を取り入れたことで家全体の表情が豊かに

 

実家がどちらも戸建てだったこともあり、「いつかは家を」と考えるも、「時間ができたら旅行へ」というアクティブ派ゆえ、その時はまだ先だと思っていたK夫妻。「予算を抑えたいから、建売を買う?」とも考えていたそう。「実際に何軒か見学にも出かけたんです。でもなんか違うなぁ、と。そんな時、この土地に出合ってしまって」。加えてその頃、奥さまの同僚が注文住宅を入手。K夫婦にとっても注文住宅を選択する後押しに。

「でもそこからが大変。最初、依頼していた会社は予算に納得できず、次に相談したところは“お客様第一”すぎて、プロとしてのアドバイスが見えなくて、“素人の自分の家がそのまま家になっちゃうかも!”と不安に」。そのタイミングで、友人から紹介されたのが[棟生工務店]。「社長の吉富さんが自ら棟梁も務め、その経験をフルに活かしながら、家族にとって一番の家を提案してくれるところにすごく魅力を感じたんです」。

 

玄関たたきにはニュアンスのあるタイルを

 

シュークローゼットにはKさんの仕事道具も収納するため、天井高を他より上げて

 

一直線に配置したLDK。床材は時間を経るごとにいい風合いを増してくるチェスナット。天井は鵜作りの杉の木貼りに。夫妻が以前から所有していた照明がマッチ

 

 

プロならではの提案に全面の信頼を寄せて

家づくりの中盤まで、なんとなくL字型の家を考えていたというKさん。けれど吉富さんに相談してみると・・・。「ちょっとコストがかかるのと、陽の入りが思ったより期待できなくなるかも」との返事が。「好きな空間にしたい、という思いからの想像だったのですが、理想と現実の違いみたいな話もプロ目線できちんとしていただけたのも良かったですね。以降、高さが欲しいとか、壁に囲まれすぎないようにしたいとかピンポイントでのリクエストは出しましたけど、基本お任せに。その結果、この心地よい家ができました」。

 

キッチンカウンターから見たリビング&ダイニング。仲良しの兄妹はここで一緒に遊ぶことも多々。「大きくなったら勉強も、ここでしてくれるといいな」と奥さま

 

1階にはLDKと水回り。2階には寝室と2つの子ども部屋、そしてKさんのアトリエ。スペースを無駄なく使った間取りは動線もスムーズで、奥さま曰く「家事もすごくしやすい」とのこと。ちなみに奥さまの一番のお気に入りはキッチン。「LDKが一直線なので料理をしながらでも子どもたちのことがよく見えますし、ここにスツールを置いて本を読んだり・・・。気がつけばここにいますね、ずっと」。

 

美しい佇まいのドアや収納の扉などはすべて棟生工務店の造作

 

インダストリアル系の洗面台もお任せ。床はグレーと迷い、汚れをすぐに見つけられるホワイトに

 

 

家を建てた後にも残る
“楽しみ”の数々

家づくりをプロに任せることができた一方、エクステリアは自ら手がけてみようと考えたKさん。ホームセンターに出向いて石や木を運び込むことも今や休日のルーティンに。「実父もDIYが好きなので、たびたび家に来て手伝ってくれるんです。もはや大人の壮大な遊びですね」。また、コツコツと集めてきたアメリカのヴィンテージ家具や照明も、新しい家の中でそれぞれが居場所を見つけ、存在感を光らせているところも夫妻にとって嬉しいポイント。「こんな空間で、こんな暮らしがしてみたいと思っていたことが、一気に叶った感じです。楽しみを先送りしなくて本当に良かった」とKさん。頼れるビルダーとの出合いが叶えた理想の暮らし。旅行に行けない今だからなおのこと、この家で日々紡がれる豊かな暮らしが、K家の幸せをアップデート!

 

「無骨な感じが好き」と奥さま絶賛の『グラフテクト』のシステムキッチン。収納力も抜群でパントリーいらず

 

2階へ上がってすぐのスペースがKさんのアトリエ兼趣味部屋。壁をあえてなくしたのは「子どもたちといつでも触れ合えるように」

 

子ども部屋のひとつ。鵜づくりの杉の床板はつい裸足になりたくなる心地よさ。2部屋それぞれにクローゼットも設置した

 

階段を上った正面には、眺めの良さを活かしたワイドなピクチャーウインドウを。またスイッチカバーなどのパーツにもこだわった

物件情報

会社情報

社名 株式会社 梁hari
本社/支店所在地 福岡県糸島市志摩稲留4-1
施工対応エリア 糸島市付近、福岡市西区、福岡市早良区、唐津市など
電話番号 092-327-5139
FAX番号 050-1483-3854
ウェブサイトURL https://tohsei-itoshima.jp/
ブログURL https://tohsei-itoshima.jp/blog
Facebook https://www.facebook.com/tohsei.k/
Instagram https://www.instagram.com/tohsei_k/?hl=ja
営業時間 8:00~18:00
定休日 なし
保証体制 ㈱住宅あんしん保証(10年)
白あり保証制度
地盤保証
会社設立 平成7年5月1日
許可・登録 建設業福岡県知事許可(般-26)第107942号
特別キャンペーン資料請求特典