【家づくりNet】注文住宅、リノベーションのことなら。 福岡で家づくりをご検討されている方必見!!

楽しい、おいしいが輝くキッチンがわが家の顔

福岡市南区在住 Hさんの住まい

マンション時代に感じた住まいの改善点を解消し、

じっくりプランを考えたHさんご夫妻。

デッドスペースがないよう吟味を重ねた快適な家に。

キッチンを囲んで、子どもたちの笑顔が輝きます。

 

 

暮らしの実感や
経験を生かして

間取りを考える時、どこを家族みんなが安らげる家の軸にしたいかを定めて計画していくことが、重要なポイントとなる。その軸となる場所に家族の雰囲気や個性、大事にしたいものが、まるで表情のようにあらわれる“家の顔”となるからだ。

 

キッチン道具、生活用品、雑貨が並んで家族の風景がつくられているキッチン&ダイニング。

 

キッチンと作業台は高さを揃えて見た目も美しく、造作だからこその高さや寸法を自分に合わせて使い勝手抜群。

 

H邸の顔は、LDKのなかでひと際輝くオープンキッチン。「料理やお菓子作りが好きなので、最初はアイランド型を考えたんですが、シンクやコンロを壁付けにして、ダイニング側へカウンターを設けると、作業スペースもリビング、ダイニング側にも効果的な空間が広がると提案いただいて。実際すごく快適で良かったです」と奥さまは話す。

ガスコンロにガスオープン、グースネックの水栓やオープンシェルフ、レードルハンガーとこだわりの詰まった造作のオーダーキッチンから、毎日のお料理や食事の時間を大事にされていることが伝わってくる。そして、ご主人がお子さんのためにDIYで作ったものがあちこちに。ご夫婦ともに、家族のために自分自身の手を動かして形作られているものでできた暮らしの風景が広がるLDK。…この心地よさの秘訣は?

 

以前は分譲マンションにお住まいだったご一家。これから立てる家に求めたのは、「マンションで暮らしていた頃、自分たちにとって不便だった点を解消すること」。

「収納が足りない、玄関が狭くて暗い、廊下がデッドスペースになるなどの、自分たちの暮らしに照らし合わせた改善点を見つけて、明るい家にすることを第一にしました」。マンションを売って、建てようとしたところ意外と早く買い手が見つかったため、仮住まいの賃貸マンションに暮らした経験も活かされていて、[タカノホーム]のスタッフが親身になって聞いてくれたそう。

 

「つくってよかった」が家中にいっぱい!

「マンションだと、リビングは明るくても寝室側は暗くなりがち。ずっと電気をつけるのが嫌だったので、全方向明るい家を希望したんです」とご夫妻は振り返る。ポイントは、玄関や庭とつながるリビングの一角の南向きの長い土間。そこを吹き抜けにして、大きな窓から自然光をたっぷり取り入れた。2階の子ども部屋に付けた室内窓が吹き抜けのアクセントになっており、意匠的にも映える。

 

グレーの落ち着いた外観に合わせ、目隠し用のフェンスは板幅を狭めてすっきりとした印象に。芝生はご主人が張ったもの。

 

「愛車のベスパを置くスペースとして、土間を広げようと考えたんです。出し入れしやすいように窓も大きくしました」。ご主人の言葉に続いて「南向きにしてとにかく明るくしたかったんです」と奥さまが笑う。

 

庭のグリーンと、吹き抜けから射し込む自然光が心地いい。「キッチンまで光が十分届くので、日中は照明要らず。気分よく料理や家事ができます」。

 

吹き抜けを広く採りすぎて上階が狭くならないようバランスを考えながら、2階には子ども部屋2部屋とご主人のコレクションルームがある主寝室、トイレ。明るさと開放感、使える土間…廊下を極力作らないのも必須条件。引き戸をとり入れ、無駄を生まない。家族のための住空間を意識した。採光や広さだけでなく、生活動線も快適に。「外干しは基本的にしません。洗濯機から乾燥機、クローゼットの動線をつなげて、1階だけで家事や普段の着替えを完結させたくて。洗面室は子どもたちが男女2人なので、思春期の時期のことを考えて、洗面所と脱衣所を分けました」。

 

階段の横にも洗面所を配置。帰宅後の手洗い動線ができ、来客にもプライベートな場所は目につかない。一つ一つ念入りにプランニングしたからこそ、「つくってよかった」の声がご家族からたくさん挙がる住まいになった。

 

 

「いただきます」の元気な声が響く休日。使い込まれて味わいのある調理道具、片付けられたワークトップなど、目に入るものすべてがすっきりと収まり、心地よさそうに映るのは、どこも使い勝手がよく、暮らしのリズムが整っているからこそ。「生活感のある家が好きなんです」と笑顔を見せる奥さまの表情も豊かで、入居から2年半、暮らしを楽しむ様子が伝わってくる。中でも、家の顔であるキッチンや住空間を個性づける正方形の作業台はとり入れて正解でしたと話す。「収納はもちろん、家電を置いたり、電源をとれるように造作してもらって重宝しています」と頷く。

 

庭仕事の道具や自転車がチラリとのぞく玄関から。リビングへとのびる土間。ウチとソトのつながりや吹き抜けがもたらす開放感を日々の暮らしで楽しんで。

 

できたての料理を置くと、子どもたちも自然とお手伝いしてくれることがうれしい日常になった。「珈琲を淹れて、妻がつくったお菓子を楽しむ。そんな時間がつくりやすくて“居心地がいい”と感じる瞬間が多いですよ。いい家です」穏やかにつぶやいたご主人の言葉が、何よりH邸の魅力を物語っていた。

 

物件情報

会社情報

社名 株式会社タカノホーム
本社/支店所在地 福岡市南区屋形原1丁目36番20号
施工対応エリア 福岡市内・近郊、春日市、那珂川町・近郊
電話番号 0120-566-383
FAX番号 092-566-5700
ウェブサイトURL http://www.takanohome.co.jp/
ブログURL http://www.takanohome.co.jp/blog/co_diary.html
Facebook https://www.facebook.com/takanohome/
Instagram https://www.instagram.com/takanohome/
E-mail info@takanohome.co.jp
会社設立 昭和47年2月
特別キャンペーン資料請求特典