家づくりnet 福岡で家づくりをご検討されている方必見!!

ぐるりと包まれて、 おこもり感を楽しめる家

『家づくりの本』などいろんな雑誌を見て、 [タカノホーム]のことが気になっていたSさん。 ご夫婦の趣味やリクエストを叶えながら、 自分たちの想像を越える家づくりに大満足!

家族の好きなことが
やりやすい設計がお気に入り


晴れの日は外遊び気分で、楽しめる中庭デッキ。天気や時間の移ろいが暮らしに加わる

Sさんご夫婦が家づくりを考え始めたのは、奥さまが第一子を妊娠している時から。住宅展示場や、雑誌で情報を集めるなかで、気になっていた[タカノホーム]。土地探しからの相談にも親身になって対応してくれ、当初は地下鉄沿線で探していたが、たまたま見つかった南区の土地で決めることになった。「特にこだわりがあったわけではないのですが…」と前置きしつつ、Sさんご夫婦がリクエストしたのは「外のシンクとⅡ型のキッチン、そして中庭ウッドデッキ」。
玄関アプローチの途中に設置された外の洗い場。釣りが趣味のご主人が釣ってきた魚を捌いたり、釣り道具を洗ったりと使い勝手がいい。そして、Ⅱ型のキッチンは、両親や友だちを招いて食事を楽しむのが好きなご夫婦にぴったり。カウンターに立って、料理の支度や片付けをしながら会話が交わせるので、ゲストとの一体感や料理ができるまでの時間も楽しめる。さらにキッチンの目の前の大きなサッシを開ければ、中庭デッキと、リビング、キッチンがつながり、解放感がもたらされる。この中庭デッキをアウトドアリビングのように使ったり、BBQをしたりとくつろぎ方の幅も広がる。

安心してくつろげる
心地いいおこもり感

 


津江杉の床は素足で気持ちよく、冬にもほんのりと暖かさを感じるほど。Ⅱ型キッチンはステンレスと木を組み合わせたこだわりの造作

S邸は大通りからほんの数メートル入った住宅密集地に建つ。そうなると気になるのは、自動車の走行音や近隣の生活音や視線、そして採光の問題。しかし、それが一切気にならない。
中庭デッキをぐるりと建物が囲むコートハウスの構造なので、まちなかでも外観からは想像がつかない開放感と包まれる安心感が心地よい。
傾斜屋根にすることで、空が見える面積が大きくなり、採光量も増える。リビングにいながら、空の移ろいや夜空が楽しめる。また、2階の北側にはすべり出し窓を上部にズラリと連なるように配し、外からの視線はカットしながら十分な光を取り込み、風が通る。
「どこにいても周りの視線を感じませんし音も気になりません。でも、空など外は見えます。このちょうどいいおこもり感が気に入っています」と奥さま。1階と2階は吹き抜けでつながっているため、別のフロアにいても家族の気配が届く。
個性的なトンネルのアプローチをくぐって、開放感バツグンの中庭デッキが現れたり、訪れる人にとってもわくわくがあり、包まれる居心地が楽しめる。みんなが気兼ねなくくつろぎ、さらにこれから2人のお子さまが成長するに連れ、笑顔と笑い声が絶えない家になっていくことだろう。

物件情報

特別キャンペーン資料請求特典