【家づくりNet】注文住宅、リノベーションのことなら。 福岡で家づくりをご検討されている方必見!!

ダイニングを中心に、家族の笑顔が弾ける暮らし

木の家

親子でのびのび過ごせる
オープンな木の住まい

シックな色調の塗り壁が魅力的な外観

 

グレーブラウンの塗り壁と木の玄関扉の風合いがちょっと他にない上品な印象を生むW邸。木の香り漂うすっきりと美しい玄関を抜けて中へ案内されると、1階は階段を挟んで、左手にLDKと和室、右手に水回りを置き、回遊できるよう間仕切りをなくしたオープンな住空間が広がる。

 

ご夫妻が家づくりを意識したのは、次男が生まれた2年ほど前。「それまでは賃貸マンションに住んでいたんですが、さすがに男の子2人が走り回るのは大変で・・何よりのびのびと育てられない環境がストレスでした」と奥さま。「子どもたちが走り回れるくらいの一戸建てがいいね」と土地探しから始め、治安の良さやアクセス、環境を考慮し、理想的な場所を選んだ。

 

玄関横にシューズクロークを設置し、玄関は常に美しくキープ

 

玄関土間はシンプルに。靴箱は掃除しやすく圧迫感の出ないフロートタイプを設置。奥さまの好きな真鍮の照明がアクセントに映える

 

「全体的に木を使ったぬくもりのある家」をコンセプトに、家づくりパートナーには「自分たちの思いを反映できるところがいい」と、地元の工務店に目を向け、惹かれたのは[サン建築工房]。「夫の仕事関係の先輩がサン建築工房さんで家を建てていて、信頼できる方が家づくりされたというのも決め手のひとつでした」。

 

 

ダイニングを中心にした
間取りから暮らしを広げて

間取りを決める上で役立ったのは、一番大事にしたい場所を起点に考えること。「料理が好きなので、キッチンとダイニングテーブルを横並びにした動線をポイントに、間取りを提案してもらいました」と、奥さまはダイニングを中心に家族が集う暮らしをリクエスト。見た目の美しさだけでなく、作業性が高く、コミュニケーションがとりやすい空間が生まれた。

 

「どういう暮らしがしたいかイメージしていれば、ブレた時も立ち返って、本当に必要なものかどうか判断がつきやすかったです。そのために事前に自分で情報収集しておいてよかった」と振り返る。もともと間取りを見たりデザイン選びなどが好きな奥さまが主導し、設計者とイメージを共有しながら理想像をカタチにしていった。

 

 

遊び場を和室にしてリビングは常にすっきり!

小上がりの和室は、足元にも引き出しを備え、収納力たっぷり。子どもたちが遊んだ後は押し入れ収納でリセット!

 

ダイニングのこだわりと共に、掃除のしやすさも重要なポイント。キッチンから子どもたちが遊ぶ様子が見える場所に、小上がりの和室を置いた。普段は子どもたちが遊ぶスペースとして、押し入れをおもちゃ収納に利用することで、必要以上に散らかることもない。「以前の住まいでは、その都度片付けないと食事もできなくて。今は和室だけを片付けてリセットすれば、ストレスになりません」と、リビング空間は常に整った状態にしておくことが、すっきり快適に暮らせるコツだと話す。

 

また、「なるべく物を置かない」というのも生活感を出さず、清々しく暮らすためのポイント。あとで柔軟に模様替えが楽しめるように、敢えてテレビボードやソファといった大物は置かないルールに。また、最初から壁掛けテレビを想定し、設置する壁面を補強してもらうなど細かな要望に応えてもらったそう。「埃が溜まるコーナーも作りたくなかったんです。ダイニングテーブルからテレビ画面が見える距離感を測って、それに合う角度の金具を夫に探してもらったり、役割分担しながら実行していきました」。細やかなこだわり暮らしの快適さにつながっている。

 

和室まで目が行き届く縦長のレイアウト。「定期的に、年齢に応じたおもちゃの整理や模様替えを楽しめます」と奥さま

 

 

選べる余白を残しながら
目的に応じた間取りを実現

足触りが心地いい階段を上がると、2階には正面に主寝室があり、吹き抜けに面した壁面にはご主人の書斎カウンター、あとは大きなフリースペースが広がる。「ここは、将来的には子ども部屋になる予定ですが、子どもたちが小さいうちは自由に使おうということでオープンなフリースタイルにしています」とご主人。余分なものは何も置かず、寝室も大きなベッドのみ、眠るための部屋として、リラックスできるように整えられている。

 

2階はカウンターやフリースペースのある開放感たっぷりの空間

 

広々とした主寝室は大きなベッドを置いたシンプルな造り。クローゼットは身支度できよう1階に置いた

 

 

一年中、家の優しさに
包まれる穏やかな生活

居心地の良さを高めているのが、自然派の奥さまのリクエストで導入したOMソーラーだ。家中、空気の温度がムラなく循環するから、どの部屋でも通年で体にやさしい温度をキープ。「冬の間は底冷えもなく、友人もスリッパ要らずだねって。蓄熱効果で給湯のガス代がかからないのも嬉しいです」と、思い描いていた暮らしを満喫できている。

 

ものを置かない分、スペースのあるリビングにはご主人の希望でハンモックを設置。子どもたちの笑顔が広がる

 

照明やスイッチ、ドアパーツなどは奥さまのセレクト。木や塗り壁になじむアンティークな金具で上手にコーディネート

物件情報

特別キャンペーン資料請求特典