家づくりnet 福岡で家づくりをご検討されている方必見!!

木と光と優しい温もりに 守られるような心地よさ

宗像市のシンボルでもある城山を眺める 見晴らしのいい住宅地に建つM邸。 [サン建築工房]をパートナーに、 満足のいく家づくりを実現したご一家です。

心惹かれたのはスタッフの 人柄とOMソーラー

Mさんご夫妻が家づくりを思い立ったのはもう7年前のこと。大手ハウスメーカーのモデルハウスが集まる展示場にも足を運んでみたという。 「もちろん立派なモデルハウスばかりでしたが、どれもグレードが高過ぎて何だか違うな、と。同時期にOMソーラーの家が気になっていたので、5年ほど前かな、このシステムを取り入れているサン建築工房さんにもアポなしで行ってみたことがありました。そうしたら家の中がとても暖かくてビックリ。一部屋だけじゃなくて、トイレとか洗面とか、どの部屋も同じように暖かいんです。しかも換気もしっかりできていたし、室内の空気がとても清々しい。やっぱりOMソーラーはいいなと確信しました」とご主人。

キッチンの横に並ぶように配されたダイニングコーナーは、料理を出したり片づけたりする際に動きやすくて快適。和風のペンダントライトもよく似合う

[サン建築工房]の営業スタッフとも意気投合。「親身になって相談に乗ってくれた人柄に感心して」家づくりのパートナーになってほしいと依頼したという。Mさんは土地探しから[サン建築工房]に協力を依頼。ちょうど宗像エリアではよく知られた城山が見える住宅地に理想の土地が見つかり、その後、2017年の夏から本格的に家づくりの打ち合わせがスタートした。ちょうど奥さまがお二人目のお子さんを身ごもっていらした時。「私が行けない時も主人がひとりで打ち合わせをしてくれて助かりました」。新しい家族が生まれる日に向けて、新しいわが家のイメージも固まっていったのだった。

対応の速さにストレスなく 家づくりを楽しめた

建てたかったのは和風の家屋。古民家のように時が経つほどに風合いが増し、落ち着いた中にも味があるような家だった。「なにしろ城山の眺めが気に入って購入した土地ですから、この眺望を活かすための窓も設計段階でお願いしていました。サン建築工房さんからは10タイプくらい、本当にたくさんのプランの提案をいただきました。それぞれに良い点があり、打ち合わせの中でベストなプランを詰めていった感じです」とMさんは振り返る。

2階のフリースペースにOMソーラーのダクトが。冬でも暖かい

打ち合わせの最中も印象に残ったのはスタッフの人柄の良さ。「営業の方にお会いした時、ファーストインプレッションで、この人なら信頼できると思ったんです。そういう直感って大事ですよね。実際に、こちらのイメージを伝えた時にもすぐ具体的な答えが返ってくる。対応の速さのおかげでストレスがまったくなかった。営業さんをはじめ、会社の皆さん全員が良い方で、気持ちよく家づくりが進められました」とご主人。

何でも気負いなく話せる雰囲気は、家づくりにおいて重要な要素。信頼関係を築ける会社かどうかを見極めることがとても大事だと、Mさんの話をうかがって改めて実感する。

実家に帰って実感 木の香りに包まれている

[サン建築工房]の家は地震や台風などの災害に強いダイライト構法。高い防火・耐火性能も持っている。また、主要な柱の大部分には防腐・防蟻の処理がほどこされた「緑の柱」を採用。5年ごとに散布が必要なシロアリ駆除剤とは異なり、20年間のメンテナンスフリーで長期的にシロアリ被害や見えない部分の腐食から家を守ることができる。

そして何といっても同社がこだわる木材が気持ちいい。「九州の家は九州の木で建てる」という[サン建築工房]は熊本県の小国杉を構造材に使用している。木肌が美しい小国杉は化粧材としても優れており、空間に自然の安らぎをもたらしてくれる。その証拠にMさんご一家が実家に帰ると「あら、木のにおいがするね」と言われたのだとか。「驚きました。自分たちでは気づかないけれど、やっぱり木のいい香りに包まれながら暮らしているんですね」。

ゆっくり流れる時間 暮らし方も心豊かに

さて、新しいわが家での暮らしはMさんご一家にどんな変化をもたらしたのだろうか。 「まず、OMソーラーのおかげで冬も暖かく、トイレやお風呂も寒さを心配する必要がありません。エアコン特有の温風とは違って暖か過ぎないのもいい。ほんわりと陽だまりに包み込まれるような暖かさなんです」。吹き抜けがある上に、階段との間にも仕切り戸はないのに、全館どこでも同じ暖かさが維持されている。リビングでゴロンと横になってうたた寝するのも気持ちいいそうだ。 「あとは時間の流れがゆっくり、穏やかですね。マンションで暮らしていた時とは全く違います。関係ないかもしれませんが、この家で暮らすようになって、子どもたちの寝つきも良くなって。走り回っても叱られないし、のびのび過ごせているからかもしれません」。

庭ができたことも大きな変化。毎週末はホームセンターに出かけて園芸コーナーで買い物をするのが習慣に。「庭には好きな樹木を植えました。夏は出勤前に剪定するのが日課でした。これからも少しずつ手を加えて、家に似合う庭を育てていきたいですね」。

最後にMさんご夫妻に満足のいく家づくりの秘訣をうかがったところ「まず妥協をしないこと」とおふたり。「綿密に暮らしのイメージをふくらませていくと、窓の高さや棚の位置など、ココだ!というポイントが見えてきます。とにかく考えることを面倒がらないこと。そして、ハウスメーカーさんにあきらめずに伝えること、でしょうね」。家のすみずみにご夫妻の想いと考え抜いたこだわりが息づいたM邸。居心地がいい理由もここにある。

2階に上がると明るいフリースペースが広がる。造作カウンターはパソコン用として活用。読書を楽しんだり植物を育てたりと色々な活用方法が考えられる

物件情報

特別キャンペーン資料請求特典