【家づくりNet】注文住宅、リノベーションのことなら。 福岡で家づくりをご検討されている方必見!!

好きを大切にする心で描いた 家族の時間を楽しむ家

家づくりの主役はオールステンレスのキッチン。 そこからスタートした子育て家族のマイホームには 好きが調和した心地いい空間が広がっています。

思いをかなえる提案力
迅速で誠意ある対応に信頼


小国杉の床や柱、梁、ステンレスのキッチンなど、素材の良さが引き立つのびやかなLDK。Mさんが永く大切にしてきたアンティークの家具もしっくりと馴染んでいる

 

成熟した緑に囲まれた公園のすぐそば。白い外壁にスクエアなフォルムのM邸は、その潔いほどのシンプルな外観が印象的だ。そして室内は杉無垢の床に柔らかな自然光が降り注ぐ、温もりのある開放感いっぱいの空間。細部までこだわった素材そのものの質感や機能美が心地いい。
社宅暮らしをしていたMさんご家族は「将来、子どもが環境を変えることなく幼稚園や小、中学校に通えるように」とマイホームを考え始め、最初に訪ねたのが[サン建築工房]だった。「その時は他でも検討しますと話し、メーカーの展示場を見るなど数社を回りました。するとこちらの注文に対してできないことが多く思い通りにならない。そこで再度サン建築工房さんを訪ね相談したところ、〝できない〟と言われることがなく全てに融通が利いた。これが会社選びの一番の決め手になりました」とMさんは振り返る。
さらに「気になる土地を見つけて知らせると、すぐに現地に足を運び調査してくれたのもサン建築工房さんでした。しかも細かく調べた情報をファイルにして教えてくれる。それも3、4カ所あったと思います。とにかく対応が早く信頼できると感じました」。

広がる景色にほっとくつろぐ
便利な家事動線も魅力


飛んだり跳ねたり駆けまわったり。間仕切りのない開放的なLDKは、元気盛りの子どもにとって格好の遊び場。素足に気持ちいい杉の床材は調湿性にも優れている

閑静な住宅街にあって緩やかな傾斜地に建つM邸は、眺望の取り入れ方にも工夫が凝らされている。遠くに市街地が見渡せるリビングルームの窓は、座った姿勢からの景観を考えて隣家の屋根を避けた位置にある。しかも奥行きの深い出窓になっているので、ベンチのように腰掛けることもできる優れものだ。
設計担当の星加さんは「他にも公園側の2階の窓は、前に建つ家をかわしながら豊かな緑だけが切り取れる配置に、外観のバランスも考慮してデザインしています」と語る。さらに「家づくりの基本は変わりませんが、Mさんのオーダーに応えたオリジナルデザインや工夫がたくさんあります」とも。
無垢材など素材の良さが感じられる空間は、できるだけ素材そのものを活かした色彩計画が施されている。木部の木肌、壁の白、アイアンの黒、ステンレスのシルバー、モルタルのグレー。この5色を基調に、キッチンの壁面をフレキシブルボード(セメント版)にしたり、リビング階段の手すりにアイアンを用いたり。落ち着きのあるスッキリとした空間はこうして実現している。
また、共働きの子育て家族にとって、便利な家事動線も重要なポイント。「洗濯物を干したり仕舞ったりできるよう、洗面所はできるだけ広くしてもらいました。キッチンを通ってウッドデッキまで一直線につながっているのでとても使いやすいのも気に入っています」と奥さま。そこにはパントリーやリネン庫など収納スペースも備えられているので、掃除道具などもすぐ取り出せて快適そのもの。
効率よく家事をこなして家族と過ごす時間を大切にする。新居での暮らしはゆとりの時間と空間を活かして、のびのびと子育てできそうだ。

 

アンティークの家具や器
新しい居場所で静かに息づく

「子どもの頃に、将来自分が住む家のキッチンはオールステンレスがいいと思っていました。それから時が経ち家づくりが現実になってみると、その思いが変わっていないことに気づきました」と奥さまは笑う。「理想のキッチンを探していろいろなメーカーのショールームを見て回りましたね。ようやくこのオールステンレスのキッチンに出会ったときはうれしくて。家の設計はこのキッチンを中心に考え始めました」。
アンティークのダイニングテーブルは奥さまが実家で学習机として使っていたものだとか。椅子も手入れをしながら大切にしている。食器棚やそこに収められている陶器を見ても、愛着のあるものを永く大切にする暮らしぶりが伝わってくる。

永く快適が続く基本構造
先の暮らしにも優しい家

「依頼先選びには家づくりの基本構造も決め手になりました」とMさん。[サン建築工房]の家は耐震等級3を満たした長期優良住宅。
主要な構造材に耐久性の高い『緑の柱』を使用し、シロアリ対策は20年保証を実現。さらに結露やカビと無縁な家づくりが家族の健康を育んでくれる。
これから子ども達の成長とともに、ライフスタイルも変化していくMさん家族。2階の子ども部屋はホールと一体で今はドアも間仕切りもないフリースペースだが、2部屋に分けられるように入口と中央の梁が現わしになっている。これはここに釘を打ったり金具を取り付けたりと、施主が簡単にDIYできるよう考えた同社からの提案だ。家族ぐるみで創造性を育む暮らし。建てた後も楽しみは尽きない。

化粧梁部分の天井高は3メートル。Mさん家族のシンプルな暮らし方と相まって、室内は面積以上に広く感じられる


自然素材の家でオールステンレスのキッチンや冷蔵庫などの家電が浮かないよう、背景に無機質なフレキシブルボード(セメント板)を貼り馴染ませている

物件情報

特別キャンペーン資料請求特典