【家づくりNet】注文住宅、リノベーションのことなら。 福岡で家づくりをご検討されている方必見!!

自然の中でのびのび子育て 家族の笑顔いっぱいの家づくり

平屋 ナチュラル カジュアル

窓の外には耳納連山を望む自然豊かな土地。
家の中も外も、子どもたちが元気に走り回る
笑顔の絶えない家が完成しました。

 

100坪以上の土地に
2LDKの平家を建てる

 

 

今から5年ほど前から家づくりを意識し始めたKさんご夫妻。[住工房プラスアルファ]と出合ったのもその頃で、相談会のイベントに訪れたことがきっかけだったそう。

 

「広い庭のある家にしたかったので100坪以上の土地を探していました。土地が決まるまでに2年ほどかかり、その中でいくつかのビルダーさんも見させていただいたんですけど、『赤ちゃん基準の家づくり』というコンセプトと、担当の上野さんの人柄に惹かれ、こちらにお願いすることに決めました」と、ご主人は当時を振り返る。

土地が決まり、具体的なプランづくりがスタート。Kさんファミリーはご夫妻と2人の女の子の4人家族で、将来的にお子さんが独立したとき、ふたり暮らしになることを見据え、平屋建ての2LDKを希望した。今後、もう1部屋必要になった場合は、余裕のある庭のスペースに離れを造ることも想定している。海が好きなご夫妻が掲げたテーマは「海の家」。エントランスや広々とした庭には、海岸で拾ってきた流木などが置かれており、ゆくゆくは椰子の木を植えたいと考えているという。

薪ストーブを囲み家族団らんの時間を過ごすKさんファミリー。シーリングファンで空気が循環するので部屋全体が温かい

太陽光発電を設置するため南面片流れの屋根を採用

庭の一角にはご主人の趣味であるカヌーなどの道具が収納できる小屋を設置した

 

 

白×木のバランスが取れた
シンプル&ぬくもりのある家

 

広々としたリビングの中心には、ご主人jの希望で取り付けた薪ストーブが鎮座するが、機能性を考えて床下エアコンも採用した。「薪ストーブを入れるなら床下エアコンはなくてもいいのでは?とも考えたのですが、朝から薪をくべるのは現実的に大変です。薪ストーブはあくまでも趣味の範囲。薪割りなどをたのしみながら、薪ストーブを使えば光熱費を抑えられるというおまけ付きといった感じですね」とご主人。屋根には太陽光発電を設置しており、光熱費は格段に抑えらているという。また、夏も冬もエアコン1台でまかなっており、リビング天井に設置したダルトン社のシーリングファンによって室内の空気を循環させている。寒くなるこれからの季節は、薪ストーブの前でゆっくりと過ごすのがご主人のお気に入りなのだそう。

洗面カウンターも木製に。横に広いので2人並んでもOK

味わいのある古材を用いたトイレ空間

 

広めのウッドデッキでは子どもたちが遊んだり、BBQを楽しんだりしている

 

天井も板張りで、キッチンや洗面台の天板も木材を採用。室内は白×木のバランスが取れたシンプルかつぬくもりのある空間に仕上がっている。また、リビングには小上がり和室があり、収納もたっぷり。ベンチ代わりに使えるなど、機能性も高い。

子どもたちが元気に走り回る
回遊性の高い間取りを実現!

以前はアパート暮らし。この家に越してきてからというもの、子どもたちは家中を走り回ったり、小上がりやデッキから飛んだりと、元気いっぱいに過ごしている。「もともと元気な子たちなので、のびのびと育ててあげたいと思っていました。周りを気にすることもなくなり、さらに活発になりましたね」と奥さま。ワイドオープンの窓を全開にすればリビングとウッドデッキが繋がり、子どもたちの格好の遊び場に。また、公園などに行かずとも庭で草花を採ったり、虫を捕まえたりと、自然豊かな日々を楽しんでいるという。

キッチンからはウッドデッキや庭を一望できる。子どもたちの様子を見られるのも安心!

 

リビングには小上がり和室もあり段差の部分は収納スペースとして活用

 

「上野さんが提案してくださったプランは最初から凄くよくて、そのプランをベースに足し算・引き算していった感じでした。最後まで迷ったりもしましたが、上野さんのアドバイスが適切で安心してお任せできましたね」とKさん夫妻は言う。出会ってから約5年。土地が見つかるまでの期間も温かく見守り、タイミングが整ったら、施主にとことん寄り添った家づくりを行なう。その真摯な仕事ぶりが高く評価されている。

 

キッチンの横にダイニングテーブルを設置。キッチンの後ろ側に洗面やトイレもあり家事動線も効率的な間取りになっている

 

玄関の床には海で拾ってきた貝殻を家族みんなで埋め込んだ

物件情報

特別キャンペーン資料請求特典