家づくりnet 福岡で家づくりをご検討されている方必見!!

緻密な設計と技術で叶えた ハイレベルなシンプル住宅

新しい家が建ち並ぶ住宅街の中でも ひと際目を惹くTさんご一家の住まい。 機能性とデザイン性の高さを兼ね備えたこの家は [なかむら住宅]にとっても自慢の自信作です。

イメージを形にしてくれる ハウスメーカーとの出合い

玄関を開くと、広々としたLDKが現れる。ウォールナット加工を施した艶のあるアカシアの床が美しい。1階はこのLDKとシューズクローク、パントリー、トイレの み。リビング階段を上った2階に主寝室や子ども部屋、バスルームが配されている。1階と2階でパブリックスペースとプライベートスペースをはっきりと分けながら、家全体に一体感があるのは巧みな設計力があってのことだろう。

今から2年前、建築関係のお仕事に就くTさんが[なかむら住宅]を選んだ理由は、「見学会を回っている時、聞き上手なスタッフの方と出会えたから」だったという。「この人なら求めていたものが伝わりやすい、実現してくれそうだ」──つまり、Tさんの頭にはそれだけ建てたい家のイメージがはっきりと描かれていたということだ。考えていたのは一見して住宅か店舗か分からないような家。ご主人自らラフ図を描き、細部にいたるまでこだわりを伝えた。まさに息の合った家づくりの始まりだった。

キッチンはシンクをあえて壁側に配し、周囲に広めのL字カウンターを設けた。ダイニングテーブルを別に置く必要がなく、キッチンを囲んで家族が集まり、会話が弾む設計。空間を広く活かすことができる

引き算の設計によって シンプルな快適空間を実現

何度も打合せを重ね、伝えたい想いはすべて設計に反映してもらった。その結果、完成した住まいは「まさにドストライク! の仕上がり。作業用の足場がはずされ、家全体が見えた時は感動しました。なかむら住宅さんには、6メートルものエントランスや、特別に色を調合してもらった外壁の塗装材など、色々と難しいオーダーを聞いていただきました」とご主人は振り返る。

内装もシンプルさを追求。室内に使う色もご夫妻が好きなグレーと白を基調に統一されている。「その他にも、キッチンカウンターをダイニングテーブルとして使えるようデザインするなど、暮らし方を整理して、できるだけ“引き算”の空間づくりを心掛けました」とご夫妻。家づくりを始めると目に見える部分だけに気持ちが入りがちだが、「躯体や断熱など、家の機能に関わる部分にもこだわって家を建てたいですよね。細々とした内装などは後々リフォームもできますが、大きな部分はそうもいきませんから」。

新居での暮らしは「やっぱりテンションが高まります」と奥さま。きっと本当にそのとおり。ご一家の明るい笑顔が、満足のいく家づくりだったことを物語っている。

物件情報

特別キャンペーン資料請求特典