【家づくりNet】注文住宅、リノベーションのことなら。 福岡で家づくりをご検討されている方必見!!

未来工房の家『大人になっても愛おしく、帰りたくなる家づくり。』

木の家 ナチュラル

未来工房の家
福岡市南区 W邸

マンションか新築か、家づくりに迷いがあったWさんご夫妻。
「子どもたちが大人になっても帰ってきたくなる家がいいね」と
奥さまが共感したパートナーは、夢のある家づくりを行なう[未来工房]。
沖縄や湯布院など、ご夫婦の旅の思い出も散りばめられた、
アート感や楽しさいっぱいの住まいが完成しました。


石垣島にあるご主人お気に入りのレストランを参考に、薪ストーブと土間リビングを取り入れたリビングダイニング。正方形に広さを採ったウッドデッキは、自然と一体化した開放的な空間。ブランコはもちろん、庭キャンプなども余裕で楽しめる

 

紺碧の海や暖炉の温もり…
旅の思い出が家のピースに。

 

「子どもが帰ってきたくなる家」。数年前、そんなコピーを目にして「いつか家を建てることがあれば、ここがいいな」と奥さまが心に留めていたのが[未来工房]の家づくりだった。「もともと絵本とかファンタジーの世界が大好きなんです。天然素材の家ってなんとなく味気ない家が多いのかなって思っていたんですが、未来工房さんの家には夢や物語があって素敵だなってずっと思っていました」。
医療関係に勤めるご主人はこれまで転勤も多く、定住先を決めることに迷いがあったという。お互いの実家が北部九州にあることやお子さんの学校などの事情で福岡を拠点に長年、賃貸暮らししていたものの、マンションの家賃が上がることをきっかけに、住宅展示場に足を運んでみたそう。「私の実家が戸建だったので、マンションが実家と思いづらいことや、子どもたちと一緒に住むのは数年ですが、その後も帰ってきたくなるような家だったらいいなと思ったんです。マンション派だった主人も、住宅展示場では未来工房だけに興味を持ってくれて。そこから何年か経って、校区内で探していた土地を紹介していただいたのを機に、一気に話が進みました」。
共働きで子育てするならここがいいという生活圏を優先し探した結果、予定より高台のエリアで土地を見つけたご夫婦。通勤・通学には少し大変だけれど「眺めがよくて、別世界な感じ」に納得できたという。「この立地を生かしてこういう風に建てたらこうなりますよとわかりやすく説明していただいて、住宅街だけど憧れの薪ストーブが設置できるのも思わぬ魅力でした」と奥さまが微笑む。

薪ストーブの熱と相性が良い
自然素材の家づくり。

 


思い出深い旅の宿をお手本にした土間リビング。憧れだった薪ストーブはMETOS、インテリアはお気に入りのSOLIDで統一

家づくりのコンセプトは、「湯布院のように、暖炉があってしっとりとした瀟洒な旅宿」。ウミガメと泳いだ沖縄の海をイメージしたアイアンの手すりや八重山の手織物「いつ世柄」を飾り窓に採用するなど、旅行好きなご夫婦の思い出も散りばめられたアート感溢れる住まいがかたちになっていった。
緑と青のグラデーション、遠くに油山も見える家からの眺めもまた宝もの。「設計担当の方も“Wさんの家全体がツリーハウスのようなものですね”って言ってくださって、子どもたちも喜んでいます」。

思い思い、だけど繋がる家族時間。


家族の気配を感じ取れる吹き抜け。チャームポイントのアイアン手すりは、沖縄の海をリクエストしたオーダーメイド


外玄関や室内のアクセントに映えるアールの下り壁は、ご主人のリクエスト。漆喰塗り壁との相性も良く、優しい雰囲気に

やかまし村ギャラリーの和室を参考に造ったご主人のための「寝転がれる書斎」。低い天井や珪藻土の壁で変化をつけた

ツリーハウスにいる気分。

 


眺望も採光も抜群!2階に造った家族の図書ルームはW家らしい空間のひとつ。ゴールデンベルの照明もアクセントに
「以前住んでいた家は、家族がどこで何をしているかわからずバラバラ感があって寂しかったんです。それで、気配がわかるように吹き抜けを生かした間取りを提案していただきました」というW邸には、2階まで見どころがいっぱい。リビング階段から上階へ上がると、家族が“図書ルーム”と呼ぶ大きな本棚と畳敷きカウンターのあるオープンな空間が迎えてくれる。
「博物館とか図書館のように本に囲まれて過ごせるエッセンスを取り入れました。窓辺に造ったカウンタースペースは当初、抜き抜けの予定だったんですが、息子のアイデアなんですよ」と、家族の希望を大事に、空間も個性的に。
住まいの魅力はこれだけに留まらず、各子ども部屋とつながる小屋裏には天窓を設置。「小屋裏は屋根裏部屋に憧れがあった私の隠れ家です(笑)。だけど、家中あちこちに居心地よく過ごせる場所がありすぎて、なかなかここまでたどり着けません」と笑顔が輝く。


息子さんの部屋は図書ルームとつなげて敢えてオープンスタイルに


お嬢さんの部屋は自ら選んだピンクの壁紙がキュート


女性陣のためのパウダールーム。ミラーや照明など奥さまによる小物のセレクトセンスが随所に光る

「家自体が
深呼吸してるみたい。」


遮るものがなく日当たりの良いW邸。変形地を活用して家庭菜園のスペースも。薪棚はご主人作

楽しい・嬉しいがつまった
大好きなおうち。

理想の家で、初めて迎える本格的な冬。ストーブに薪をくべ、くつろぐ家族の姿が浮かんでくるよう。「どこを見ても職人さんたちの手仕事でこんなに美しく造っていただいて、家自体が芸術品だなぁって。しばらくは、ただただ眺めて過ごしていました。前は出かけてばかりだったんですけど、今は家にいることがほとんど。ホーロー浴槽などの掃除も“骨董品を愛でる”感覚で楽しめています」とにっこり。ご主人も「ゆっくり時間が流れて、追われる感じがなくなった」と頷く。そして、最後に話してくれた奥さまの感謝の言葉も心に残るものだった。
「家づくりを始める前、完成見学会で見たお宅がすごく素敵で。でも、担当の方が“ここはここの素敵さがあるけれど、WさんにはWさんにとっての一番の家がありますから”って言ってくださったんです。同時期に迷っていたマンションと金額は同等でしたが、たくさんの夢を叶えることができた注文住宅が、私たちにとって良い選択だったなって実感しています」。


キッチンは、好きな照明が映えるようにと天井まで塗り壁にした贅沢な造り。焼きムラのあるコバルトブルーのタイルも奥さまのお気に入り


忙しい朝はキッチンカウンターが重宝する。「各々が朝食をとったり、家族が一緒に過ごせて嬉しいです」

物件情報

設計者名 株式会社未来工房
施工者名 株式会社未来工房
構造・工法 木造軸組工法
特別キャンペーン資料請求特典