【家づくりNet】注文住宅、リノベーションのことなら。 福岡で家づくりをご検討されている方必見!!

栗原建設|自然光が降り注ぐ 吹き抜けのある平屋の家

糟屋郡在住 Kさんの住まい

 

家を建てるのが夢だったというご主人が完全自社施工の工務店と二人三脚で建てたのは、

天井高4mの開放的なリビングが印象的な明るくて見晴らしのいい平屋の家でした。

 

リビングの天井は何と高さ4m。この空間によって実際の面積より体感が広い。さらにキッチンの天井とメリハリをつけることで、開放感と籠もり感が共存する空間に

 

 

決め手となったのは完全自社施工

 

自然豊かな郊外での子育てを希望して、生活圏内の久山周辺で、土地探しを始めたKさん。ハウスメーカーなどを含め数件のビルダーで話を聞き、比較検討していた最中に、[栗原建設]のノボリを見て、実際に訪れてみたのだそう。そこで、栗原専務と出会ったKさんは、「この人にお願いしたい!」と依頼を決定。決め手となったのは、[栗原建設]が創業以来、完全自社施工にこだわっていること。

それから、専務自身が設計や施工に携わっているため、何を聞いてもすぐに答えが返ってきて、そのレスポンスの速さや信頼のおける人柄に好感を持ったからだった。

平屋を選んだのは、お子さんがのびのびと走り回れるフラットな家がいいと考えたから。将来、夫婦二人暮しになった時に、2階は使用頻度が減るという、家づくりの先輩方の意見も参考に決めた。イメージしたのは、お正月などに、親戚や友人などが集まれる、大きなリビングのある家。そして、自然豊かな周囲の景色が楽しめる、大きな窓のある家だ。家づくりを主導したのは、「小さい頃からマイホームを夢見ていた」というご主人。それを知っていた奥様は、ご主人の意見を尊重しつつ、キッチンや内装には自身の好みもプラス。

専務のプロ目線でのアドバイスがとても参考になったらしく、「図面では分かりにくい窓などの寸法も、スケールを持ちながら話をしてくれるので、イメージしやすかったです」と当時を振り返る。

 

 

どの場所に居ても外の自然や、時の流れが感じられる、窓の多い空間。日中は自然光で照明なしでも過ごせるほど明るい

 

シューズクロークに設けた採光窓によって明るさが保たれた玄関ホール

 

 

 

思い描いていた
リビングが完成!

 

そうして完成したのは、天井高4mの大空間を持つ、リビング。お子さんが走り回っても余りある、24・5帖の広々LDKだ。田園風景の広がる北側には、ご主人の希望通り大きな掃き出し窓。東側や南側に設けた高窓からも、自然光が降り注ぐ。やさしい色合いのフローリングやホワイトの壁でまとめた空間に、グレーのソファーやキッチンをコーディネートした、シンプルかつ明るい空間が心地良い。余分なものを置かず、スッキリとした暮らしが維持できるのは、奥様が希望した大容量のリビング収納があるおかげ。「集合住宅に住んでいた時は、とにかく収納が足りなくて大変でした」と奥様。キッチンの奥に棚タイプのパントリー、背面にはカップボードも設け、LDKだけでもかなりの収納力だ。

さらに、ウォークインのシューズクロークやファミリークローク、居室にもオープンクローゼットを設け、収納にはこだわった。

 

 

LDK の大空間を1 台のエアコンで賄えるのは、高気密・高断熱・24 時間換気の高性能住宅だから

 

 

 

自然と家族が集まる居心地抜群の空間で、のんびり過ごす休日。隣近所を気にせずに、のびのびと遊べるようになって、お子さんも嬉しそう

 

ダイニングの象徴となるテーブルは、一枚板の造作でこだわりを

 

LDK の一角にはお子さんが宿題などできるようデスクも造作した

 

夜になると月が顔を覗かせるというリビングの高窓

 

 

 

 

構造材を見て確かな品質を実感

 

休みの日は朝早く起きて、リビングの外に設けたデッキに出て、朝日を浴びながら朝食を食べたり、駐車場では井戸水を使って洗車をしたり、お子さんと一緒に水遊びをしたり、一軒家でしかできない、お家時間を満喫しているKさん。

建設関係の仕事をしているご主人は、これまでさまざまな現場を見てきたが、棟上げの時に、我が家に使われている柱を見て、「これまで見た中で、一番しっかりしている」と感じたのだそう。一般的に、構造の柱は、3.5寸の木が使われることが多いが、[栗原建設]では、4寸の木を製材して構造材に使用している。この0.5寸の差は家全体で見ると1.3倍の柱面積となり、耐久性のあるしっかりした家に、仕上がるのだそうだ。また、栗原専務とは、同じ業界で働く者同士、専門的な話ができたのも楽しかったとご主人はいう。「他の職人さんたちとも連携が取れていて、とても安心できました」。

家族が集うLDKには、つい先日、[栗原建設]から納品されたばかりだという、モンキーポッドの一枚板を使って造作したダイニングテーブルが置かれていた。「これで大勢座れるようになったので、親戚や友人を招きたいと思います」と嬉しそうなKさん。その笑顔から、夢見ていたマイホームが、想像以上のカタチで叶った喜びを感じた。

 

[LDK]「ゲストを呼べる家にしたい」という ご主人の希望を叶えたLDK 。4m と圧巻の吹き抜けはもちろん、建具を ハイドアで統一することでより一 層の開放感が生まれた

リクシルのペニンシュラ型キッチン『リシェルSI』 を選択。背面収納は奥行65cmと収納力抜群!

 

洗面台の横には便利な棚を造作。天井にはアイ アンバーを設け、室内干しができるようにした

物件情報

会社情報

社名 栗原建設株式会社
本社/支店所在地 福岡県古賀市川原1295番地
電話番号 092-942-2987
FAX番号 092-942-3711
ウェブサイトURL https://kuriharakensetu.co.jp/
ブログURL https://kuriharakensetu.co.jp/info/
Facebook https://www.facebook.com/kuriharakensetu/
Instagram https://www.instagram.com/kuriharakensetu/
会社設立 昭和33年6月1日
許可・登録 建設業登録…福岡県知事許可(般-29) 第106450号
宅地建物取引主任者…福岡県知事(2) 第17180号
特別キャンペーン資料請求特典