【家づくりNet】注文住宅、リノベーションのことなら。 福岡で家づくりをご検討されている方必見!!

暮らしやすくて楽しさ満点キュートな平屋の家

古賀市在住 Kさんの住まい

暮らしやすさとかわいさを追求したKさんの家。敷地の形状の問題などをクリアしてつくりあげたのは60年以上の歴史を持つ古賀市の[栗原建設]だ。

 

土地の問題と希望の疑問に
応えてくれた栗原建設さん!

外壁は、光触媒施工された窯業系サイディング。太陽光の力で汚れを分解し雨で流し落とすことで、美しさを保つ。メンテナンスを楽にするという効果もある

 

扉とともに上部の曲線と足元のナチュラルレンガで玄関ポーチもキュートな雰囲気に

 

淡いオレンジ色に包まれたキュートな家で、一人暮らしを楽しんでいるKさん。「賃貸マンション暮らしだったのですが、費用のことなどもあって今後住まいをどうするか考えていました。古賀市の実家に住んでいた両親が“庭のところに建てれば?”と言ってくれたことをきっかけに家づくりを始めることにしたんです」。当初、敷地の問題があって、なかなか家づくりのパートナーが決まらなかったそうだ。「いくつもの工務店さんにも行ったのですが、母屋からの距離やこのエリアに課せられている規制などがあって、思っているような家にはできないとあきらめかけていました。でも、そんな時に出会った栗原建設さんは、とても柔軟性があって、全てのことに対応してくださったんです。いつも作業服の栗原さん(栗原健一郎専務)が、疑問に思たことについて何でも丁寧に応えてくださったのもよく覚えています。」

 

玄関は使いやすいL字型で、コートなどをかけられるスペースも備える。ブルーの扉はトイレの扉、ピンクの扉は洗面所の扉だ

 

パステルカラーに彩られたキッチン床は防水加工が施されている。奥のパントリーの上は曲線を使ってやわらかなイメージに

 

今年で創業64年を迎える[栗原建設]は、古賀市の工務店。地元・古賀市を中心に100%国産木材やオール4寸の構造材といった木へのこだわり、自社大工による施工などで安心・安全をベースにしたうえで、“お客様第一主義の家づくり”を手がけている。だから同じ家は一棟もない。Kさん宅も、敷地の規制をクリアするだけではなく、むしろ規制を生かしたような個性的な家づくりを行なっている。

 

 

お客様の希望を叶える
対応力と提案力

白と木をベースにした空間に、Kさんがセレクトしたカーペットやカーテンの色合いが映える。「カーテンは、お店の方にここまで持ってきていただいて決めました」

 

「大きなお願いは、廊下がなくてリビングも寝室も和室も全部がつながった一部屋みたいな空間にしたいということでした。それが叶い、広くて住み心地のいい家になりました」というKさん。敷地の制限でシンプルな四角形のラインがとれなかったそうなのだが、トイレ位置の工夫などもあって、違和感のない空間を実現。数々の問題があったことは、お話を聞かなければ分からないだろう。それが長い経験によって蓄積された[栗原建設]の対応力だ。

 

キッチンカウンター前の一面は暖色のタイルを組み合わせて、ぬくもりを感じさせる仕上げに。奥の壁にあるアイアンを使った棚は空間のアクセントにもなっている

 

「ダイニングテーブルは置きたくないんですというお話をしたら、“ではキッチンにカウンターを付けるのはいかがですか?”というお話をいただいて、つくっていただきました。とっても重宝していますよ。このカウンターの前に置いたタイルを選ぶのも楽しかったです」。

こちらはお客様の希望を受け止め、さらに喜んでいただくための[栗原建設]の提案力。様々な提案が可能となるのは、お客様にじっくり考えていただきながらしっかりとお話ができているからに他ならない。「当初の予定から変更していただいた部分もありますし、私の場合、半年以上打ち合わせできたのは良かったと思います」。

 

Kさんが希望していた出窓も、実は敷地の規制に合わせて、この場所とこの形にデザインされたそうだ

 

一面のブルーがさわやかなバスルーム

 

寝室にはウォークインクローゼットを併設。上部を直線ではなくアール型にすることで部屋の表情が柔らかくなる

 

 

パートナー選びが
家づくりの成功の秘訣

日々の暮らしやすさはもちろん在宅ワークも快適、訪れたたくさんの方々からも「かわいい家ですね!」と言われる素敵な家に暮らすKさん。理想の家づくりは、実は小さな一枚の写真から始まったとのこと。「本の片隅のコラムに載っていた一枚の写真を見て『こんな家がいい!』とイメージをふくらませていったんです。だから、家づくりをするときはたくさんのものを見た方がいいと思います。そして、自分のイメージをわかってくれて、ちゃんと実現してくれる人が必要です。私の場合は栗原さん。栗原さんがフレンドリーな方だったのも良かったです(笑)」。

最後に、Kさんに自慢の家具を見せていただいた。「台の高さが変えられて移動が便利な多目的キャスターです。ソファーで食事するときのテーブルになったり、仕事机になったり、アイロン台になったり、とても便利なんです。キッチン前のカウンターの下に収納できる大きさなのも便利。以前使っていた家具の部品を利用して作っていただいたんですよ!いろいろお願いしたことの一つです(笑)」。[栗原建設]の仕事は、家づくりの全てを通して、お客様に喜んでいただくことなのだ。

 

床にピンクのタイル、丸い鏡など個性的な洗面スペース

 

桔梗をあしらったクロスを使った和室

物件情報

会社情報

社名 栗原建設株式会社
本社/支店所在地 福岡県古賀市川原1295番地
電話番号 092-942-2987
FAX番号 092-942-3711
ウェブサイトURL https://kuriharakensetu.co.jp/
ブログURL https://kuriharakensetu.co.jp/info/
Facebook https://www.facebook.com/kuriharakensetu/
Instagram https://www.instagram.com/kuriharakensetu/
会社設立 昭和33年6月1日
許可・登録 建設業登録…福岡県知事許可(般-29) 第106450号
宅地建物取引主任者…福岡県知事(2) 第17180号
特別キャンペーン資料請求特典