家づくりnet 福岡で家づくりをご検討されている方必見!!

〝和と洋〟〝技術と感性〟が調和 笑顔があふれるやさしい木の家

〝和と洋〟〝技術と感性〟が調和
笑顔があふれるやさしい木の家

創業30年、八女市を中心に数々の実績を持つ[梶原工務店]。 その確かな技術と、時代を見据える新しい感性で 3人家族のWさん一家の家づくりをお手伝い。 家族がより仲良しになれたという空間が生まれた…。

 

木がふんだんに使われ
イメージ通りに完成した家

「見学会に行って、木がふんだんに美しく使われていることに魅力を感じました」。そこからWさん夫妻と[梶原工務店]との家づくりは始まった。「とにかく木をたくさん使ってほしいこと、平家で空間を広くしたいこと、風通しがいいこと、窓からの光で明るいことをお願いしました」。室内に入ってすぐに感じる木のいい香りとやわらかな空気感、明るいリビングダイニングの開放感…お二人が大満足する家が生まれた。さらに、奥様が書かれた『こんな家にしたい』リストの細かな項目もすべて実現されている。「ずい分とわがままを聞いていただきました(笑)。初めからがっちり決め込むのではなく、建設中もその都度に相談や提案があったので安心できました。キッチン後ろの棚は、当初の予定を変えて私が簡単なイラストを描いたのですが、そのイメージ通りにできあがって感動しましたね」。[梶原工務店]が常に目指しているのは 〝お客様のため〟の仕事だ。

何度も塗ることで質感を高めた白い壁と、木の色合いが美しい外観。屋根は洋瓦でスッキリとした印象に
琉球畳やミンサー柄をあしらった襖など「沖縄色を出したい」という奥さまの希望に応えた和室

 

経験と新しい感性の融合
和と洋が調和したデザイン

 

「畳を敷いて、足を伸ばして座れるリビングにしたかったんです」
というお二人。テーブルも大黒柱同様、奥さまのお父様が用意した一枚板を[梶原工務店]が丹念に加工した
玄関から廊下、和室へとつながる宿を思わせる洗練された空間。そしてリビングに足を踏み入れるとカウンターを配したカフェのようなキッチンと、まわりに畳を置いた掘りごたつ式のダイニングテーブル。おふたりの希望が取り入れられた空間は、和と洋が絶妙に調和したデザインだ。「[梶原工務店]の中心は梶原さん親子。お二人で真剣に話し合っている姿を何度も見ました。お父様の長年の経験がつくり出すものと、息子さんの新しい感性から生まれるものがいいバランスなのだと思います」。
家づくりを行なう中で、多くの会話を積み重ねたというWさん夫妻。家族はさらに仲良しになったとのことで、ご主人は「家族が同じ空間にいる時間が長くなりましたね」。奥様は「毎日、主人が帰ってくるのが楽しみになりました(笑)」。そこには、[梶原工務店]が一番大切にしている〝お客様の笑顔〟があふれていた。

 

右/玄関正面の壁には落ち着いた色合いのエコカラットが飾られている。 左/壁の珪藻土は黄色みを帯びた繊細な色合い。“和”のテイストを醸す

物件情報

特別キャンペーン資料請求特典