【家づくりNet】注文住宅、リノベーションのことなら。 福岡で家づくりをご検討されている方必見!!

無駄を削ぎ落として快適に! 夢のシンプルライフを実現

イノウエハウジングの社員でもあるMさん邸は、 動線や開放感を追究したスマートなお宅。 小さな工夫を重ね、生活の質もグンと向上しています。

間取りと設備を変えたら
家事時間が半分に!


南北に窓を設置した約25帖のLDKは、日中は電気がいらないほど明るい。また、照明器具をつけず、ダウンライトと間接照明のみにすることで、空間をすっきりさせている

広い土地と隣の家と密接していない絶好の立地を活かした新居は、大きな窓から射し込む自然光が心地いい平屋建て。床全面に節の入ったナラの無垢材を施した、こだわりいっぱいの邸宅だ。
「結婚前からマイホームの建築を視野に入れていた」というMさん夫妻は、数年に渡ってショールームを回り、積極的に間取りや使い勝手のいい動線をリサーチしていたという。[イノウエハウジング]で現場監督を務めるご主人の専門知識や経験もプラスしながら、約4年の計画期間を経て、昨年夏ついに完成。スマートな空間使いと家事効率に徹底的にこだわったレイアウト、設備のおかげで「家事の時間が半分になりました」。特に、ドイツ製の大容量の食器洗い乾燥機を設置したこと、キッチン横に脱衣洗面所兼ランドリールームを設けたこと、家族全員の衣類を収納できる約3帖のファミリークロゼットをつくったことが、大正解だったそう。「無駄を省いた洗練された生活に憧れていました。この家なら、それが実現できるので嬉しいですね」と奥さま。まさに、子育て世代の憧れが詰まっている。

 

創業75年の経験と知識が
サポートした快適空間

 

理想的だったスマートライフを手に入れることができた理由を、ご主人はこう語る。「自由設計で家を建てられたことが大きいですね。イノウエハウジングは半世紀以上、自由設計の住宅を手がけてきた実績があるだけでなく、医療・福祉施設など住宅以外の施設にも関わってきたので、そこで培ったアイデアを住宅に転用できたのも大きいと思います。かなり理想を汲んでもらえました」。
Mさん邸では、夏と冬の日射しの入り方を計算して軒の長さを1m30㎝に設定したり、ペアガラスの窓を採用して25帖の広いLDKをエアコン1台で快適に過ごせるようにしたりと、これまでの経験則からデザイン性と快適性が両立できるよう提案。また、入居後しばらくして「目の届くところに子どもが勉強できるスペースがほしい」と感じた夫妻は、追加で造作のテーブルと棚をオーダー。通常、一度完成した住宅に手を入れることは容易ではないのだが、[イノウエハウジング]は、柔軟な姿勢で空間に馴染むスペースをデザインしてくれたという。
明るく広々とした新居に、2人のお子さまも「走り回れて嬉しい」と笑みが絶えない。生活するほどに高まる満足感に、「家を建ててよかった」と実感する毎日を送っている。

 


和室のエアコンは、収納棚の中に設置。見た目がスマートに整った

物件情報

設計者名 イノウエハウジング
特別キャンペーン資料請求特典