【家づくりNet】注文住宅、リノベーションのことなら。 福岡で家づくりをご検討されている方必見!!

子育て中の家族が選んだ家族の気配が感じられる家

営業担当者の人柄と機能性の高さに感銘して

壁面は耐久性に優れたガルバリウム鋼板が使われている

 

のどかな田園地帯の一角に建つW邸は、白い箱型の外観がトレードマーク。屋内は吹き抜けの上部に設けられた大きな開口部からたっぷりの自然光が差し込むため、明るく開放的。夜は月明かりが、優しく室内を照らすという。

希望の地域で土地が見つかり、念願のマイホーム建設に踏み出したWさん夫妻。複数の見学会に参加し、スタッフの人柄に一番好感が持てた[ホームラボ]に依頼したいと思うようになったという。惹かれたきっかけは人柄だったが、施工事例を観ると気密性や断熱性に優れていることもわかり、「まさに私たちがこだわりたいところがしっかりしていたので、ここしかない、と納得してお願いすることができました」と奥さま。

 

ご夫妻が選んだのは、外観やサイズに一定の規格はあるものの、間取りにフルオーダー並みの自由度がある『シンプルボックス』というシリーズ。キャンプやBBQが趣味というご主人は「庭が取れるサイズ感も理想的でした。筑後川が近い地域なので、2階の方が安心ですから」と決め手を話す。週末には庭にタープを張り、キャンプ気分を楽しむことも。「コロナ禍でなかなか外出できませんが、子どもたちが庭で走っている姿を見ると気持ちが楽になります。スペースのゆとりが心のゆとりになるんだなって、家を建てて実感していますね」。

 

玄関にある2箇所の収納は日常使うバックや上着用と、キャンプ道具などのアウトドア用とで使い分けている

 

奥さまが一番こだわったキッチン。無垢の木を使った「ウッドワン」のアイランド型は、作業スペースが広く、子どもたちも手伝いやすい。レンジフード横の棚は、バランスを考え造作してもらった

 

ダイニングテーブルは以前から使っている愛着のあるものだが、新居の雰囲気にマッチ。キッチン&ダイニングはリビングと一体感が出るよう素材使いなどを工夫した

 

遠出できない日は、庭にタープを張ってキャンプ気分を楽しんでいる。周辺は田んぼで視界を遮る建物もないため、日当たりも良好。最高のひなたぼっこができる恵まれた環境だ

 

 

細かなこだわり宿した快適な空間で子育てを

床は1階にナラ、2階にパインの無垢材を使っているので、風合いが良く、素足でも快適。でも家全体に無垢材を貼ると、相当なコストがかかるのでは。そう思っていたら、なんと『シンプルボックス』は無垢の床が標準仕様!できるだけ自然素材を使った環境で子どもを育てたいと願うファミリー層に喜ばれているという。

 

大空間の吹き抜けを設けることにより、どこにいても家族の気配が感じられる設計にしている

 

小上がりの和室には、子どもたちの本やおもちゃを仕舞える壁面収納を。リビングから見えない設計なので、煩雑になりがちなおもちゃもスッキリとした印象に

 

また、リビング併設の和室は、昼は子どもたちの遊び場、夜は夫妻の憩いの場として大活躍。小上がりにすることで奥行きをつくり、LDKが立体的になるように工夫をしている。そして、リビング上の2階の日当たり良好なフロント部分には、室内干しができる設えをプラス。花粉の時期や雨の日も、洗濯が苦にならなくなった。

 

夫妻のための寝室は、今は家族全員で利用中。スマホの充電などがしやすいようにコンセントの位置にも配慮した

 

SNSや数々の本から数々の本から情報を集め、とことん話し合って家づくりを楽しんだというWさん夫妻。入れるものを想定して収納ごとに奥行きを変えたり、1階のドアをすべてハイドアにして開放感をもたらせたりと、完成した家には細かなこだわりが垣間見える。何より家を建てて良かったと思うのは、子どもたちの描く絵が変わったこと。「道路や車の絵がクローバーや鳥になったんです。それだけでも、幸せを感じますね」。

物件情報

特別キャンペーン資料請求特典