【家づくりNet】注文住宅、リノベーションのことなら。 福岡で家づくりをご検討されている方必見!!

家族の笑顔があふれる理想のマイホームを実現!

 

「家を建てるならこんな家にしたい」という想い。 その一つひとつに耳を傾け、実現できる方法を考える。 [ホームラボ]の真摯な仕事が高く評価されています。

 

 

自由度や品質の高さ、コスパの良さに惹かれた

向かって左の障子と右の障子の格子のデザインを同じにし、統一感を持たせたLDK。直線美を活かしたモダンな印象の空間

 

奥さまのお祖母様から譲り受けた築40年の家で暮らしていたMさん一家。老朽化が進み、「大規模なリフォームをする」「建て替える」「移り住む」という3つの選択肢で迷っていた。「祖母が遺してくれた土地に住み続けたいという想いもあり、金銭的に少し頑張って建て替えることに決めました。インターネットなどで無垢材を使った家が得意で、地元に根付いたビルダーを探し、いくつかの展示場を訪れました。その中で、私たちの思いを汲み取り提案してくださる自由度の高さ、高品質でありながらコストパフォーマンスに優れている点に惹かれ、ホームラボさんにお願いすることに決めました」と、奥さまは当時を振り返る。また、さまざまな要望を伝えても「できません」とは言わず、そのままでは難しいことも、Mさんご夫妻が納得できる代案を出す、プロの仕事ぶりにも信頼を寄せた。

 

 

生活のほとんどは1階で完結するような間取りにし、2階は寝室や子ども部屋を設けた。1階のテーマは和モダン。対面キッチンにはすぐ隣の和室にも馴染むアクセントクロスを張り、統一感のある空間に。「テレビを見ながら家事をしたい」「子どもたちがリビングで学習できるスペースをつくりたい」といった希望を全て叶えるLDKが実現した。  キッチン横の階段下のスペースには、アンティークなピアノが置かれている。 「このピアノは祖母の忘れ形見なんです。ピアニストだった叔母が、このピアノで練習をしていたと聞きました。今は子どもたちが弾いていますよ」。  奥さまのお祖母様を大切に思う気持ちが、子どもたちにも自然なカタチで受け継がれている。

 

キッチンの通路は家事をしていても子どもたちが行き来できる広さを確保した

 

2階に近い壁に窓があり、掃除もしやすい。吹き抜けのデメリットを解消する工夫が施されている

 

 

ご主人と奥さまの意見の違いを的確に着地させるプロの助言

吹き抜けのある家にしたのは、ご主人たっての希望だったそう。 「開放感のある家にしたくて。ほかは譲歩できてもここだけは譲れませんでした(笑)」とご主人。一方、奥さまは「吹き抜けはお掃除や手入れが大変な印象があって最初は反対していたんです。ホームラボの担当の方が〝吹き抜けがある家は柱やシーリングファンがあることが多いから手入れが行き届かないこともありますが、それらがなくても大丈夫な設計にできますよ〟と提案してくださったので納得しました」と話してくださった。

 

 

また、Mさん一家はご夫妻と3人の子どもたちの5人暮らし。モノが増えても大丈夫なように、シューズクロークやファミリークロークを設け、収納力を高めた。 「玄関からそのままクロークへ行き、上着を脱いだり荷物を置いたりできる動線を考えました。新居で暮らし始めて約半年。以前の家に比べて格段に片付けやすくなりましたね」と、奥さまも大満足だ。

 

 

信頼しているからこそ安心して紹介できる!

以前暮らしていた家は、冬になると家の中でも白い息を吐くほど寒かったそうだが、[ホームラボ]の家づくりの特徴の一つである気密性や断熱性に配慮した新居は、外から帰宅すると家の中が暖かくて嬉しくなるのだそう。また、厳しい暑さだった2018年夏も、リビングのエアコン1台+サーキュレーターだけで全室快適に過ごすことができたという。  ご主人が務める会社では、最近、家を建てる人が増えており、「どんな家なの?」と聞かれることも多いとか。そんなときご主人は[ホームラボ]のホームページ(施工事例)に掲載された新居の写真を見せるそうだが、「いいね」「かっこいい!」などと褒められ、ご主人も誇らしい気持ちになるという。身近な人々に自信を持って[ホームラボ]の魅力を発信できるのは、満足度の高い家づくりができた証と言えるだろう。

 

将来的に2部屋に分別できるように考えられた子ども部屋

物件情報

特別キャンペーン資料請求特典