【家づくりNet】注文住宅、リノベーションのことなら。 福岡で家づくりをご検討されている方必見!!

平屋+αの広さと間取りが わたしたちには「ちょうどいい」

ホームラボが提案するのは平屋+小屋裏空間で 子育て世代がコンパクトに住まうライフスタイル。 無垢の木を使ったナチュラルで居心地のいい家を どのようにつくったのか、Sさんに聞いてみました。

平屋に吹抜けと小屋裏空間を
プラスした『ローファー』

Sさんは、ずっと前から[ホームラボ]のことを知っていた。職場の同僚がそこで家を建て、当時の彼女とともに、その新居を訪問したから。「木の家でリビングが広くて、朝から晩まで家族みんなが1つの空間で一緒に過ごせる。それってすごくいいなと思ったんです」と振り返る。理想の住まいと家族の姿にインスパイアされたかどうかは定かではないが、Sさんはその彼女と結婚。自らも「家を建てる」という人生の大仕事に向き合うことになった。記憶に留めていた社名を検索して、完成見学会の情報をキャッチ。夫婦で足を運んでみた。
平屋に吹抜けや小屋裏空間をプラスした『ローファー』の実例を見た奥さまの第一印象は「ちょうどいい」だったそう。「将来、歳をとればいずれ2階は使わなくなる。だから1階に寝室があって平屋のように生活できるのはいいなと思って。吹抜けがあって広く感じられるし、寒い時期の見学会でしたが、オイルヒーター1つしかないのに暖かく過ごせたのも気に入りました」。
かくして[ホームラボ]で家を建てることにしたSさん夫妻。『ローファー』の基本プランをベースに小上がりの和室をプラス。さらにウッドデッキの高さをリビングとフラットに揃え、居住空間に広がりを感じさせる工夫を施した。「洗面所には家族の下着やタオル類を収納できる大きめの収納と、パパからの要望で仕事着を置けるスペースもつくりました」と奥さま。そのリクエストの理由をSさんに尋ねてみた。「顔を洗って、身支度して、出かける、という朝の行動を考えると、寝室よりここに着替えがあるほうが便利だと思って。仕事から帰ってきたら、ここで仕事着を脱いで部屋着に着替えて、リビングに入って〝ただいま~〟という感じ。朝の身支度がすごく便利になりました」。

 

ずっと家族と過ごす場所は
シンプル&ナチュラルが一番


和室とウッドデッキをプラスしてリビング空間がぐんと広がったS邸。小上がりの和室は腰掛けるのにちょうどいい高さ。テレビを見る時のベンチ代わりにも活躍しているそう。2階は子ども部屋と大きなロフト収納を配置。リビングに面したフリースペースは子どもの遊び場やライブラリースペースなどいろんな使い方ができそう

床は無垢のパイン材を選び、ドアなどの建具もナチュラル系のアースカラーで統一。「インテリアは飽きがこないようにシンプルに。色を抑えると、飾るものが映えると思ったから」という奥さまの狙い通り、ドライフラワーやグリーンの鉢植え、キュートな壁掛け時計が程よいアクセントになっている。
ダイニングテーブルを置かず、リビングに大きめの座卓を置いてダイニングを兼ねたのも正解だった。おかげでスペースに余裕が生まれ、家族3人が並んでゆったりと座れる大きなソファを置くことができたのだから。「お気に入りのソファから高い天井を見上げるのが至福のとき。一番多くの時間を過ごす場所でこんなに寛いだ気分になれるのがうれしいです。親身になって相談にのってくれて、ローンや手続きのことも支えてくれたホームラボさんにも感謝しています」と奥さま。「家族が1つの空間でずっと一緒に過ごせる家」。かつて思い描いた理想以上に素敵な家族と住まいを手に入れたSさんも、奥さまの言葉に大きくうなずいた。

物件情報

特別キャンペーン資料請求特典