【家づくりNet】注文住宅、リノベーションのことなら。 福岡で家づくりをご検討されている方必見!!

自然を愛でながら暮らす フレンチカントリーの家

毎度好評の[ホームラボ]の分譲新築住宅『LABO TATE』。5月に待望の建売住宅が、 久留米市田主丸町に完成! 今回は女性スタッフがプランニング&コーディネートし、 とびきり素敵な“平家+α”の住まいを作り上げました。

 

女性スタッフの声を具現化
新タイプの分譲住宅が完成!


2階のデスクスペースから1階のリビングを見下ろした光景。フロアが別でも家族との会話を楽しめる設計。外観は屋根裏付きの平家だが、2階もしっかり広い!

優れたデザイン性と機能性で、大人気の[ホームラボ]の分譲住宅。この5月に完成したのは、フランスの片田舎に佇むような可愛らしい一軒家。「フレンチカントリー」をコンセプトに、同社の女性社員が企画から設計、コーディネートまで手がけ、女性心をくすぐる平家+αの家『ローファー』を作り上げた。
「フレンチカントリーを意識して、くすみピンク×グレー×ホワイトをテーマカラーにしました」と設計担当の井手さん。LDKの扉とソファにくすみピンクを取り入れ、ライトグレーのアクセントクロスとオフホワイトのカウンターを設置。絶妙に甘すぎない、ニュアンスが効いた住空間に仕上がった。

 

リビングからは耳納連山を望め、ダイニングにも外から明るい光が差し込む。梁や無垢床など、自然木の風合いが、緑豊かな景色と一体感を与える

 

 

のどかな景色を眺めながら
毎日、おうちカフェ気分

 

この分譲住宅『LABO TATEー田主丸ー』を企画する際、イメージモデルとして描いたのは〝カフェ好きの奥さま”。カフェ巡りや雑貨集めが趣味なら、居心地のいい空間で寛いだり、絵になる光景に癒されたり、自宅でカフェ気分を楽しみたいはず。そこで、ナチュラルな木目を生かしたフレンチカントリー調の空間や、落ち着きと可愛らしさを両立させたテーマカラー、田主丸の自然を眺められるガラス窓、深呼吸したくなる吹き抜けの解放感…など、カフェらしい雰囲気を表現した。
また、女性にとってうれしい設計も随所に施されている。玄関のシューズクロークは回遊式で、靴を履いたまま収納スペースに行けて、普段使いの靴をゲストに見せないように目隠しも可能。リビングはむき出しの梁を活用し、グリーンやドライフラワーを吊るすアイデアも。さらに、ロフトは快適なスタディスペースに! “見せる収納”を楽しめる有孔ボードとカウンターデスクを造作しているので、お子さまの勉強机としてはもちろん、奥さまの作業スペースやご主人の書斎など、さまざまな用途に使えて画期的。
ちなみに、先日始まったばかりのオープンハウスでは、予想以上に男性も好反応を示しているそう! 「奥さまだけでなくご主人も気に入ってくださるケースが多くて、私たちもびっくりです。くすみピンクが大人っぽい色味ですし、フレンチカントリーの程よいさじ加減も男女問わず好まれています」と販売担当・北嶋さん。「田主丸は美しい自然に囲まれていて、庭越しにパノラマスケールの耳納連山を眺められますよ。近所に絶品のパン屋さんがあるので、そこの焼きたてパンを庭のウッドデッキで食べるのも最高の時間です」と、同じく販売担当・橋間さんもにっこり。改めて感じることだが、女性の笑顔は家の中を明るくする。これから何十年先も、家庭円満の秘訣は、こういった素敵な住まいにあるに違いない。


床のパイン材をはじめ、木材はナチュラルな色味で統一。経年変化で味のある飴色に変わっていく。梁やダクトレールに植物を吊るすもよし、モビールなどを飾るもよし

物件情報

特別キャンペーン資料請求特典