家づくりnet 福岡で家づくりをご検討されている方必見!!

家も人も深呼吸する― 〝木〟で幸せな家づくり。

自然が大好きでアウトドアなFさんが建てたのは、 『山小屋』をイメージした『木の家』。 杉やヒノキをふんだんに使用し、畑や薪ストーブなど、 ご夫婦の生まれ育った実家での幸せな記憶を詰め込んで、 のびのびと子育てできる空間が完成しました。

理想の土地とビルダーとの
出会いで家づくりがスタート

 


気取らず自然体な雰囲気のFさんファミリーはナチュラルな木の家にぴったり

阿蘇や久住へ出かけるのが好きで、山や自然を愛するアウトドア派のFさん家族。もうじき4歳になるお子さんの誕生を機に家づくりを考えはじめ、3年半かけてようやく理想の土地を手に入れた。主要駅の徒歩圏内でありながら、山の麓の静かな環境。土地探しの第一条件だった広大な敷地の一角には、奥さま念願の〝家庭菜園〟が。「幼い頃から実家の畑を手伝っていたので、家を建てるなら、畑が欲しかったんです」と語る奥さま。土と触れ合い、思いっきり走り回れる一軒家で、のびのびと子育てをしたい。そんなご夫婦がイメージしたのは、山小屋のような『木の家』だった。さっそくネットで専門のビルダーを探し、自然素材を使った木の家づくりで知られる[グリーンウッド]を訪れたお二人。同社の代表・鶴田さんの第一印象を「信頼できる人だと思いました。私たちとも波長が合ったし」と振り返る。大工さん含め、関わる人すべてがいい人で家づくりは楽しいことしかなかったと語る。「特に施工が始まってからは、工事の様子をブログにUPしてくれるのが嬉しくて、進捗状況にワクワクしましたね」。

グリーンウッド史上最も贅沢に
〝木〟を使った家づくり。

 


薪ストーブをぐるりと囲むようにLDKを配置。あたたかい火のまわりに自然と家族が集まってくる居心地抜群の空間

玄関に足を踏み入れた途端、木のいい香りに満たされるFさん邸。無垢材のフローリングを裸足で走り回るお子さんも嬉しそう。床はヒノキ、天井や壁は杉の木。縦ではなく横に貼った壁板は、節の模様を楽しみたいというご主人のリクエスト。「建具の金具を木で隠したり、カーテンレールを木にしてもらったり、細かい要望もすべて応えてくださいました。そのフットワークの軽さはやはり、鶴田さんが設計して、自社の大工さんが施工するグリーンウッドさんならではだと思います」。結果的にグリーンウッド史上最も贅沢な、全体の99%が〝木〟でできた家が完成し、鶴田さんも誇らしそう。日だまりのように明るく、風通しのいいLDKや、キッチンやパントリー、ランドリーやバスルームの位置など、快適な動線を考え抜いた間取りは、奥さまのご担当。実に100通り以上を自ら考え、理想の間取りを叶えた。「棚やフックなど、住みだしてから取りつけたものもあります。木の家は自分たちでアレンジしやすいのもいいですね」。


ランドリーやバスルームとキッチンを行き来できる便利な間取りは、家事の効率を考えた奥さまのこだわり

時を重ねて味わいが増す
そんな楽しみを家に求めて

LDKの中心でご家族を見守るのは、立派なヒノキの大黒柱と、ご主人こだわりの『薪ストーブ』。「実は実家にも小さな薪ストーブがあって」とご主人。幼い頃に自らが体験した豊かさを、お子さんにも与えてあげたいと願うご夫婦の愛情が、Fさん邸には詰まっている。「外で焚き火をするのが好きなんですが、家の中で火を囲みながらくつろげるなんて、最高です」。ダイニングテーブルから外を眺めると、植えたばかりのもみじが庭の隅で葉を揺らすのが見えた。今はまだ小さなその木も、時を重ねるにつれ、枝が伸び、葉が茂り、お子さんの成長とともに、ご家族を楽しませてくれるようになるのだろう。「柱や壁の色が変化して飴色になっていくのも楽しみ。古くなるんじゃなく、味わいが増す。それが木の家の魅力だと思います」。


将来2つに仕切ることも可能な2階の子ども部屋。グリーンウッドお手製の「ブランコ」は、お子さんのお気に入り。得意げに漕いで見せる姿は本当に楽しそう

物件情報

特別キャンペーン資料請求特典