【家づくりNet】注文住宅、リノベーションのことなら。 福岡で家づくりをご検討されている方必見!!

日常をワクワクに変える「ホワイエ=おうちカフェ」が主役

モダン

[エスプレッソホーム]がつくった
北九州市在住/Fさんの住まい

 
扉を開けた瞬間、始まるワクワク感・心地よさがF邸のホワイエ(こだわりの場)。家づくりのプロであるご夫婦が[エスプレッソホーム]のノウハウ・魅力を詰め込み、手がけた二階建て住宅です。
 

自社で仕入れる高品質な素材を多用した、落ち着きのある2階リビング。躯体の梁は安心のパナソニック耐震住宅工法「テクノストラクチャー」の印
 

好きやこだわりを叶えれば
楽しさや愛着は止まらない

 

経年変化を楽しめるレッドシダーが外観のアクセント

 
 広々した2階リビングで談笑するご夫婦の姿が絵になるF邸。ロフトへと続く階段収納はベンチとして腰掛けることもでき、空間にリズムを生むラフ感が心地いい。
「椅子やソファ以外に座れるところがあると空間のアクセントになります。和室の小上がりも含め、高低差がある分、互いの目線が段々になると視点が変わって暮らしが楽しくなるんですよ」と話すのは、設計を担当した奥さま。
 F邸は、ご夫婦とお父様の3人暮らし。人の出入りが多いため、ゆっくりとくつろげる家族のためのプライベート空間は2階に置き、1階には元バリスタであるご主人の希望で「カフェスペースのある土間」を住まいの顔に。
 玄関から足を踏み入れると、広い土間に焙煎したての珈琲の香り漂う空間は、本物のカフェやバルのように洗練された佇まい!訪れる人にとってもサプライズが嬉しい安らぎの空間に仕上がっている。
 

カフェカウンターのある土間とソファで憩えるパブリックスペースがこだわりのホワイエ
 

パナソニックの自宅珈琲焙煎機で生豆をプロファイルするご主人
 

最高のエスプレッソを
抽出するように心をこめて

 
 「“そのひと”のためだけにつくる一杯のエスプレッソのように…」。エスプレッソホームが掲げるメインコンセプトは、元バリスタであるFさんの経験や想いから付けられている。
「エスプレッソの語源には“特別な”とか“濃縮された”という説があるんですね。ダブルで飲む人もいれば、ミルクやシナモンで変化を加えた味わいを好む人もいます。家づくりも、私たちバリスタ的な造り手が、床や壁、窓やキッチンといったベースに好みの色や風合いを加え、その人だけの特別な空間、住まいをつくり上げていく。共通点が多いんです」。
 完成した住まいが、ご家族の愛するスペシャル・エスプレッソならば、ご主人が焙煎から珈琲を楽しむカフェスペースは、F邸の「ホワイエ(その人にとっての休憩場)」。エスプレッソをひと際おいしくし個性づけるスパイスだ。
 


厳選した材などを多用した家づくり。コンクリートの塀や溶岩石の石畳、庭にレンガを手張りするなど、エクステリアにも異素材を組み合わせたセンスが光る
 

自分たちの住まいから学び
進化系へと生かしていきたい

 

 東・南・北と三方から採光が取れ、好条件が揃っていた敷地。「広い玄関に、みんなが集えるカフェがあればいいなと思ったんです。内と外をつないだり、その人の“好き”を叶える「ホワイエ」として、地域とのつながりをもっと密接に大事にしていけるようなスペースがほしくて」とご主人は話す。 
 奥さまはマンション住まいの頃に不便だった点を改善するべく、家族がスムーズに移動できる動線に配慮。洗濯室をつくることも重要なポイントだった。
「共働きなので、室内干しできて、一連の作業が完結するようにある程度の広さは取りたかったんですね。住まい全体でいえば、間仕切り壁を極力なくして開放感を出しながら、断熱性能を上げる工夫も意識しました」と、悩みの尽きない機能性の部分にも、とことん向き合い、理想をかたちに。
「我が家の進化系をこれからお客様に提案していきたい」と頼もしく語ってくれた。

 


キッチンは隠す収納ですっきり。室内は全体的にグレー、白、ブルーの配色に統一しスマートな印象に仕上げている
 


バリスタの経験を活かし、カフェのように地域の集いの場としても楽しめる空間づくりに想いを込めた。「休日は焙煎を楽しんだり、家族のために朝食を作ったりして和んでいます」とご主人
 

続く暮らしを楽しくする
プラスワンの提案をかたちに

 
「自分たちの住まいを建ててみて、いろんな角度から家を楽しむ“プラスワン”の要素をますます提案したいと思うようになった」と、ご夫婦は想いを深めたという。
 例えば今回、奥さまは壁にミツロウワックスを塗ったり、和室の小上がり部分に取り付けた収納ケースを自作。「小さな壁一面だけでも左官職人と一緒に塗ってみたり、そういう思い出は、家をより愛おしくするもの。自分の家だからこそ積極的に関わっていくと、愛着が増すと思います」と微笑む。
 熟練のバリスタが淹れる至福の一杯のように、住まう人のために丁寧な職人技と心を尽くす [エスプレッソホーム]の家づくり。「安い買い物ではないから、大事に育てていきたい、愛おしいと思ってもらえる家をこれからもかたちにしていきたいです」。
 


ロフトからの眺め。コンクリートの装飾壁は珈琲の豆かすなどをリサイクルした注目素材。ブラックウォルナットの床色と調和して洗練感がアップ
 

抑揚をつけて表情豊かにしたリビングダイニング
 

照明の光がチャームポイントのトイレ
 

奥さまの希望した洗濯室はストック収納もたっぷり
 

ブルー系のタイル使いがアクセントになったシックな洗面台
 


シューズクロークを備えたゆとりの1階には、来客との会話が楽しめるウェルカムスペース的な空間も。奥にはご夫妻の寝室を配置

物件情報

構造・工法 パナソニックテクノストラクチャー工法
特別キャンペーン資料請求特典