家づくりnet

広い土間とつながるリビングで 新しい暮らしを始めよう

福岡市南区在住 Eさんの住まい

 

築40年の実家の建て替えを決意したEさん。

知人の紹介で出会った栄和住建の協力を得てプランを作成。

住み心地も使い勝手も格段にアップした

新しい住まいでの生活をスタートさせています。

40代のEさん夫妻。子どもは高校生になり、子育てもそろそろ終盤だ。人生の第二ステージを見据え、古くなった自宅を建て替えることにした。高齢の母も同居する住まいなので、特に1階部分は動きやすさを重視。壁や仕切りが多い昔ながらの間取りを見直し、間口や階段の幅を広げ、リビングに玄関土間を取り込んで広々とした空間に仕立て直した。「狭い玄関で荷物を抱えてもたつくのはイヤだったので土間を広くしましたが、収納もたっぷりあるので使い勝手がよいです。玄関からリビングへのつながりがあり、壁で囲まれていないので開放感もありますし、人も動きやすくて、モノも動かしやすくなりました。土地のサイズは変わらないし、同じ場所に建てた家なのに、見違えるほど広く明るく感じます」。

 

「毎日使うものにはしっかり予算をかける」。それがEさんのモットー。現役で調理師として働く料理好きの奥さまは、特にキッチンにはこだわりがあった。「SNSやメーカーのカタログでしっかり情報収集しました。作業のしやすさと手入れのしやすさを考えてキッチンはオールステンレスに。コンロはノーリツのハーマン。火力が強くて料理がはかどります」。背面は壁一面を収納に造作。お気に入りの琺瑯から、瓶やザルなどかさばる調理道具まで、手持ちのアイテムを見せながらたっぷり収納。ひと目で見渡せるようになり利便性もアップした。「好みがはっきりしていて『こうしたい』が明確にあった私。使いたい設備を選べたし、欲しい造作をオーダーできたし、栄和住建さんにお願いしてよかったです」。

 

奥さまの部屋のバルコニーに面した窓の下にはカウンターを造作。洗濯物を取り込んで畳むときに重宝する

 

TOTOの実験用シンクで造作した洗面台は昔の小学校のような雰囲気。

 

広い土間からはリビング側に加え、母の部屋にも直接入れる。履物だけでなく、室内に持ち込みたくない道具・工具類もたっぷり収納できるよう壁面収納を造作した

 

物件情報

特別キャンペーン資料請求特典
オンラインVR住宅展示場 会場はこちら