【家づくりNet】注文住宅、リノベーションのことなら。 福岡で家づくりをご検討されている方必見!!

見えるところにモノを置かず すっきり暮らす理想の新居が完成!

アウトドアにガーデニング、梅干し作り… さまざまな趣味や活動を行なうYさん一家。 適材適所に収納できる、暮らし心地の良い家が完成しました。

契約前から具体的な
プランづくりがスタート


触りの良い杉の床を採用。夏は涼しく冬は温かく快適だ

ご夫妻と小学校に通う娘さんの3人暮らし。ご主人は仕事柄、全国的な転勤の可能性があるという。「娘が成長し、転勤になっても単身赴任できる時期になったら家を建てようと考えていました」とご主人。5年ほど前から土地を探し始め、その頃から大手メーカーの展示場に足を運ぶようになった。けれど、「4、5年先を考えている」と伝えると、大手はあまり相手にしてくれなかったそう。そんなある日、イーホームのチラシを目にし、気軽な気持ちで訪ねてみたという。「今から考えておいた方がいいでしょうと言って、すぐに間取りを考え始めてくださったことに感動しました」と、Yさんご夫妻は当時を振り返る。以来、月に1、2回程度イーホームに通ってはプランを考え、土地が決まってからは具体的なレイアウトを決めた。


テレビを置くローボードは壁付にし、スピーカーは天井に埋め込むなど、モノを床に置かないための工夫が随所に散りばめられている

快適に暮らすために
デザイン性と機能性を追求

 

家づくりのテーマは、居住空間にはモノを置かず、すっきり暮らすこと。アウトドアやガーデニングなど多彩な趣味を持つご家族なのでモノは多いが、それらを全て収められるよう収納を広く確保した。また、奥さまは梅干し研究家としても活動しており、梅干しを作ったり、レシピを考えたりするためのキッチンは衛生的なステンレスを採用し、パントリーを設けた。
階段をのぼって2階へ行くと、広々としたフリースペースがある。「ここで梅を干したりもしますし、旅行になるとスーツケースに衣類を詰めたりもします。多機能に使えて便利なスペースですね」と、奥様。子ども部屋のクロスやカーテンは娘さんがご自身で決めたそうで、この家に越してからというもの友人が遊びに来る機会も増えたとか。
「ゆくゆくはここで梅干しの講座を開きたいですね」と奥様。一方、ご主人も「会社の同僚を呼んでホームパーティを開きたい」と話してくれた。この家に人々の笑顔が溢れている光景が、今から目に浮かぶようだ。

物件情報

特別キャンペーン資料請求特典