【家づくりNet】注文住宅、リノベーションのことなら。 福岡で家づくりをご検討されている方必見!!

いつも光に満たされるフレンチスタイルの家

白を基調とした空間に、レンガ調の壁紙やアイアンの手すりをプラス。
姉妹もお気に入りの家が完成しました。

 

ポテンシャルを最大限に生かして完成した家

 

奥さまの実家近くに一軒家を借りて暮らしていたYさん一家。そろそろ将来のことを考え、家を持ちたいと考えている時に出会ったのが、DNA(デザインネットワークアソシエイツ)の村山さんだったそう。

 

予算内で家を持ちたかったことが第一。イチから建てるより、ある程度広さや間取りなどの制限がある中でベストな選択をしていくリノベーションのプロセスに魅力を感じ、リノベーションを選んだのだとか。

 

 

「ちょうどリノベーションのベースとなる空き家を見つけていて、早速村山さんに相談したんです。すぐに土地のポテンシャルや家の構造など、隅々まで見てくださって『ここは難しいかも』と。

 

程なくして、この家が見つかったときは、同じく査定をしてくださった上で太鼓判を押してくれたんです。こうやって完成してみると満足しかなくて、プロの目線でしっかりアドバイスを頂けて本当に良かったと思っています」と、Yさん。

 

屋根裏に隠れたスペースを思い切って吹き抜けに

 

 

築45年の家は、前オーナーが大切に暮らしていたことから傷みも少なく、窓はほぼそのまま、和室を洋室にしたり、天井を上げたりなどのアレンジをプラス。

 

施工前に外観を眺めていたご主人が、「和室の上にスペースがありそう」とDNAに相談。調べてみると構造上にも問題がなかったため、開放感たっぷりの吹き抜けが実現しました。

 

 

手前はもともと仏間だったところを、奥のダイニングスペースと繋げ、リビング兼子ども部屋に。リビングに勉強机をならべ、姉妹で仲良く机に向かっている。

 

 

「いつも目の届くところで遊んでくれるので安心です」と奥さま。子ども部屋は将来増築する予定だそう。

 

ダイニング横にはサンルームを設け、奥さまの念願だったランドリースペースも実現。壁紙や照明は、インテリア関係に勤めるご主人がセレクトを担当し、ニューファミリーにぴったりのフレンチテイストな空間が完成した。

 

オリジナリティのある造りを最大限に生かして

 

 

レンガ調の壁紙と屋根型にくりぬいたキッチンの入口がキュート。春や夏、扉をあけておくと、風が気持ちよく抜けるのだとか。日中ずっと陽も入るので、グリーンもすくすくと育っているそう。

 

階段は、壁だったところをアイアンの手すりに変更。下には子どもたちのおもちゃを収納するスペースを。

 

キッチンはダイニングに向いた対面型だったが、お手入れのしやすさを優先して独立型に。収納はスペースに合わせてぴったりのものをご主人が探してくれたそう。

 

 

中2階の部屋は、奥様が運営するエステサロンに。プライベートゾーンを通らずにアクセスできるのが魅力です。

 

また、リノベーションを機に家全体に断熱材を入れ、オール電化にしたことで、光熱費もぐんと抑えられるようになったそう。「あまりに快適すぎて、ずーっと家にいたくなるんです。ちょうど入居が緊急事態宣言の前だったのですが、この家で過ごすことができてラッキーでした。」とYさん。

 

ちなみに、サンルームの奥には、広々とした庭も広がっているY家。将来的にはここに夫婦の寝室か子ども部屋を設ける予定なのだとか。それまでは“今”の家族に合った家を、しばらく楽しむそう。

 

 

 

 

 

物件情報

特別キャンペーン資料請求特典