【家づくりNet】注文住宅、リノベーションのことなら。 福岡で家づくりをご検討されている方必見!!

家の中に居ながらでも自然を体いっぱいに感じる住まい

糸島市在住 Tさんの住まい

青空の下、伸びやかなラインを描く屋根の下には、思わず深呼吸したくなるような、無垢材と漆喰に囲まれた空間がありました。大好きな自然を毎日体感できる空間で、新しい家族の歴史が始まります。

 

 

“エア・ドライブ”で
果たした運命の出合い

外壁は耐火性や手入れしやすさなどを考慮して、ガルバリウム鋼板に。カラーはブラックを選択しモダンな佇まいに

 

二丈岳の麓に念願のマイホームを構えたTさん。これまでは同市内の駅近賃貸物件暮らし。そして住み替えでは当初、マンションの購入を予定していたそう。「やっぱり防犯面でマンションかな、と、いろんな物件を見学してみたんです。でもどこも画一的で、ときめかない…。少しずつ、戸建てに気持ちが傾いていったんです」。手始めに土地探しを始めたTさんは、なんと航空写真で希望のエリアをパトロール。「さすがに土地は見つけられませんでしたが(笑)、ここで出合えたのが棟生工務店さん。HPを見てみると、施工事例に好みの家がずらっと掲載されていて」。すぐに事務所を訪ね、代表の吉富さんに相談することに。

 

「ただ私たちが初心者すぎて、想定できていたのが建売住宅の予算イメージ。吉富さんは“大丈夫かな?”と思ったみたいです(笑)。でも夫婦の間では、棟生さん以外の選択肢はもはやない!と」。そんな夫婦の思いを感じた吉富さんは、程なくこの土地を確保。Tさん曰く、「農地を宅地に造成したばかりの土地で、広さも価格もわが家にはもったいないくらいの好条件。“地元の強み”を感じました」。

 

 

人生の大先輩たちから
学んだ理想の家

いよいよ家づくりの第一歩を踏み出したTさん。全体のイメージや間取りに関しては吉富さんに一任する中、唯一リクエストしたのは“平屋”。Tさん曰く、「私が高齢者の方々と関わる職種なのですが、皆さん口を揃えて“2階の部屋が空いている”“2階に上がるのがしんどい”と(笑)。大先輩のアドバイスは参考にしておこうと思いました」。

 

ヴィンテージ感のあるタイル、木目の美しさを生かした床・扉がシンプルな空間に映える玄関。来客が多いためゆったりとした造りに

 

玄関を入って右手には、念願のシュークローゼットを。キャンプ道具やベビーカーなどもまとめて収納できるサイズ

 

新居に合わせて購入したソファ。背面側にも部屋があることを考慮して、“後ろ姿も美しいもの”にこだわってセレクト。なお左手扉の奥には、洗面・バスが

 

その後、間取りが完成。内容は、ほぼ完成時近いものだったが…

「さらに私たちらしいアイデアを盛り込めたらと、『洗面やバスなどの水回りが玄関側の方が良いのでは?』とか、『キッチンにも窓があった方が良さそう』とか考えたんです。でも数日経つと“やっぱり吉富案が一番”と落ち着く(笑)。実際に暮らし始めても、プロの仕事を感じられるところばかりで。LDKと洋室の仕切りを障子にして明るさを損なわないようにしてあったり、その障子扉を“引き込み”にして開口部を広げてくれていたり、語るとキリがありません」。

またLDKと洋室は、それぞれ高さの異なる勾配天井となっており、より立体感が感じられるように。圧迫感のない空間。居るとついつい深呼吸したくなるのにも納得!

 

システムキッチンは、「グラフテクト」。カラーは、豊富なバリエーションからグレーをチョイス。すらりとした奥さまの身長に高さも合わせて。左手にはパントリーも。おかげで、表は常にスッキリ

 

LDKは、天井にダイナミック勾配を施し、より広がりのある空間に。床材には、ナチュラルな風合いが生きたアカシアを

 

洗面台はブラック。下には同じテイストの引き出し付きキャスターを入れて

 

洗面所の奥の脱衣・ランドリースペースにはオープンラックを造作

 

 

居心地がいい住まいを、
“みんなの場所”に

撮影に訪れた日はあいにくの雨。にも関わらず、部屋の中は電気を付けずともこの明るさ。漆喰に反射する優しい光がリラックスモードを後押し

 

入居日からひと月後には、お子さんも加わり、まさに“新生活”がスタートした。ちなみに取材に伺ったのは6月初旬。ここまで約4ヵ月の住み心地を伺ってみたところ…。

「いまだに、“ここが私たちの家!”と、しみじみ喜びを感じています。大きくとっていただいた窓からの眺めも最高ですし、決断して本当によかった」とTさん。奥さまも「子育てがここでスタートできて、心身ともにストレスなく過ごせています」と大満足。さらにご主人の体調面ではある“気づき”が。「毎年、薬が手放せないほどの酷い花粉症に悩まされていたのですが、今年は気付けばシーズンが終わっていて、もしかしたら、無垢材や漆喰などの自然素材、窓を閉めたままでも全館の空気を循環させてくれる全熱交換器を導入した家のおかげなのかな、と思っています」。

 

そんなT家には、完成後、続々と友人が訪ねてきているそう。「引越しの手伝いや、家具の製作など、皆がわが家の完成を喜んでくれたので、これからはいつでも遊びに来てもらえる居心地のいい家づくりに努めます」と、Tさん。

物件情報

会社情報

社名 株式会社 梁hari
本社/支店所在地 福岡県糸島市志摩稲留4-1
施工対応エリア 糸島市付近、福岡市西区、福岡市早良区、唐津市など
電話番号 092-327-5139
FAX番号 050-1483-3854
ウェブサイトURL https://tohsei-itoshima.jp/
ブログURL https://tohsei-itoshima.jp/blog
Facebook https://www.facebook.com/tohsei.k/
Instagram https://www.instagram.com/tohsei_k/?hl=ja
営業時間 8:00~18:00
定休日 なし
保証体制 ㈱住宅あんしん保証(10年)
白あり保証制度
地盤保証
会社設立 平成7年5月1日
許可・登録 建設業福岡県知事許可(般-26)第107942号
特別キャンペーン資料請求特典