家づくりnet

ヨーロッパの民家のように 美しいまま年を重ねる家

美しさと機能性をあわせもつ漆喰を活かした[智建ホーム]の住まい。 その魅力に惚れ込んだMさんご一家の住まいを訪問。 築5年とは思えない美しさです。
 

漆喰の壁と外断熱
2人の理想を叶える住まい

 


石のようなタイルを敷き詰めた造作の洗面台
 


空間に調和する無垢材と漆喰のリビング階段
 

 

扇状に広がるナチュラルなアプローチ。枕木やレンガ、石などを巧みに組んで敷き詰めたその表情からも、住人のセンスの良さが伝わってくる。
M邸が完成したのは5年前。白い塗り壁の外壁はいまだほとんど汚れておらず、美しいまま。青々と茂る庭の芝や木々の生長だけが流れた月日を物語る。
「以前は社宅に住んでいて、子どもたちの成長を見計らいながら、いつかは戸建てを持ちたいと話し合っていました」とMさんご夫妻。最初はそれほど家への思い入れは少なかったが、モデルルームを見学するほどに建てたいわが家のイメージがふくらんでいったという。
家の性能に着目したご主人は「気密性、断熱性に優れた外断熱の家がいい」。一方、室内のデザインに関心があった奥さまは「漆喰壁の家がいい」。おふたりの意見を併せ持っていたのが大野城市の展示場で見た[智建ホーム]のモデルハウス。ひとめで気に入り、候補に挙げていた他社を断って、依頼を決めたそうだ。
「智建ホームさんの漆喰はまず、すべすべの肌触りと、豊かな表情が魅力です。室内の環境が快適なのも、そう。もちろん断熱性や気密性の高さは断熱材や窓のおかげであるところが大きいけれど、調湿性や除菌効果に優れた漆喰の効果も見逃せないと思います」。隅々まで漆喰が塗り込められたLDKで、ご夫妻はそう話してくれた。

 


漆喰でおおわれたLDK。高い吹き抜け天井が空間を開放的に感じさせる。畳の小上がりも違和感なく空間に馴染んでいる
 

漆喰壁が美しいM邸。木のみずみずしい若葉が映える。雨どいや窓枠も白い外壁に溶け込み、レンガや木の美しさが際立つ

 

パースを見ながら
細かい部分まで打ち合わせ

 
設計に関するオーダーは「LDKと主寝室を1階に、3人の子どもたちの部屋を2階に配置すること」だった。[智建ホーム]の建築士が縦長の土地に採光や風通しを考えて各部屋を配置。この図面をもとに、Mさんご夫婦も交えて細かな打ち合わせが重ねられた。「コーディネーターさんと図面だけでなくイメージパースを見ながら打ち合わせをしたので、いろんな角度から完成予想図を確認できて、とても分かりやすかったですね」と振り返るおふたり。日当たりや生活動線を考えながら窓の大きさやニッチ、収納の位置を決めることができたのだとか。「おかげですべて使いやすくて助かっているんですよ。」

 

大工のお父様も
「いい家」と太鼓判

 
完成から5年経ったM邸は、楽しみながら少しずつ手を加え、益々家族好みの雰囲気に進化を続けている。
広い吹き抜けのリビングには念願だった薪ストーブが据えられ、冬は皆が集まり、家族の会話がとてもはずむようだ。最初からあまり造り込まず、住みながら自分達の暮らしに合わせて好きなテイストで仕上げを行っているとの事。「私の父が大工なので、ちょっと言い合いになったりもしましたが、それもいい思い出です。そして建物には一家言ある父ですが、この家はいいとほめてくれています。」と奥さまが話してくれた。
奥さまの手造り雑貨がとてもセンス良く家の中や庭に飾られている。手を加えるほど、年数を重ねるほどに更に愛着が湧いてくる。それもまた[智建ホーム]の家の魅力ではないだろうか。本物の漆喰の家は流行にとらわれる事なく、これからもっといい味を出してくれる事だろう。

物件情報

特別キャンペーン資料請求特典
オンラインVR住宅展示場 会場はこちら