家づくりnet

プロヴァンス風の平屋で 自然体で心地よく暮らす

東京や福岡で人気のインテリアショップで勤務経験のある 奥さまは、こだわりの家具や雑貨が映える家づくりを希望。 自然素材の温もりを感じる輸入住宅をベースに、どんな エッセンスを盛り込んで理想の空間をつくりあげたのでしょう。
 

相談したいのは、予算より
「どんな家に住みたいか」

 

シンボルツリーのオリーブ、ブルーベリー、ジューンベリーはブルースホームで植栽したほか、フラワーショップと相談しながら外構をアレンジ中

 
 
約4年前に結婚、ご主人の実家から土地を譲り受け、家づくりを考えるようになったNさん夫妻。住宅展示場やモデルハウスを見て回るものの、フィーリングに合う物件に出合えずにいた。自分たちの暮らしに合う家をじっくり考えて建てようとする2人に対して、住宅会社はお構いなし。「『いつまでに建てたほうがいい』などと、ガンガン営業されるのが苦手で。家のことでなく、予算やスケジュールのことばかり話されることに戸惑いを感じて…」。
広くてモダンな住まいよりも、自然を感じられる家がいいと考えていた2人は、インターネットでもリサーチを続け、[ブルースホーム]の存在を知る。そして、ショールームを訪問。「そこで対応してくれたのが担当の細川さん。〝どんな家に住みたいですか〟と聞いてもらえて、ようやく自分たちの思いを率直に伝えることができたんです。私たちの希望は平屋で、ナチュラルな雰囲気のかわいい家。造作も取り入れたいし、できれば収納も多めにつくりたいと考えていました。要望と土地の形を伝えたところ、後日手描きのイラスト図面で間取りを提案していただけて、外観も間取りもすごく気に入ったので依頼することに決めました」。
 

お気に入りの家具が
似合う家をつくりたい

 

床はオークの無垢材、建具類もすべて無垢の木でできている。自然素材の温もりが空間に安らぎをもたらしてくれる

 
 

東京や福岡のインテリアショップで働いていた奥さまは、ナチュラルなインテリアが好み。プレーンでスタンダードな家具や雑貨を扱う店でセンスに磨きをかけ、お気に入りの家具を見つけては少しずつ買い集めていたそうだ。厳選したアイテムでコーディネートした空間をつくりあげるには、生活感を感じさせる余計なものは極力見えない場所に隠してしまいたい。「特にキッチンは家電が目につく場所。いっぱい並んで見えるのがイヤでした。そこで、冷蔵庫は壁の中に収めて、その隣にはパントリーを造作してもらい、スライド式の引き出しをつけてレンジ、炊飯器、トースターを収納できるように。食器棚もリビング側から見えない場所につくり、キッチンの背面の収納も腰までの高さにして、分別ゴミ箱を収納できるようにしました」。
空間は白でコーディネートしているが、壁にはマットで少し凹凸のあるタイルを貼り、目地はグレーにしてアクセントをつけている。
 

暮らし方から考える
造作、動線、収納

 

LDKのそばに小さな和室も設け、子どものために掘りごたつのスタディスペースを造作。「小さいうちは畳の間があるとお昼寝に便利。リビングとはロールスクリーンで仕切ることができるので、親戚が泊まる時には客間としても使えますし、小上がりになっているので腰掛けることもできて、人が集まる時には便利なんです」。
そのほかにも、洗面台やご主人の書斎などをオリジナルで造作。家の中でどのように過ごすか細かくイメージをふくらませて動線や収納にも配慮しながらプランを練り上げたそう。「建てている途中で、寝室から直接、洗面所やトイレに行けるほうがいいと思い、壁を開けて水回りへの動線をつくってもらいました。収納は家の各所にちょこちょこと確保して、その場所で使うものを片付けられるように。玄関につくった掃除機用の収納スペースには、いずれコードレスをおけるようにと電源もつけてもらいました」。
 

基本のデザインはシンプルに
アクセントは大胆に

 

 
インテリアに精通した奥さまがコーディネートした空間に、Nさんの家のプランニングを担当した[ブルースホーム]の細川さんも感服した様子。「家自体はシンプルなデザインにまとめたぶん、ドアは1枚ずつデザインと色を変えてアクセントにしました。玄関はグリーンに、洗面所はブルーグレーに、キッチンはブルーに。最初は、色が強すぎるのではないかと心配していたのですが、やってみたらぴたりとはまって。奥さまのセレクトには脱帽です」。
イメージ通りの家をつくることができた、と笑顔を見せる奥さま。「床や建具など無垢の木のナチュラルな風合いも気に入っています。それに、住んでみてわかったのですが、ブルースホームの家は気密性や断熱性などの性能も良いみたい。外気の影響を受けにくいせいか、夏場の午前中は冷房を入れなくても大丈夫なほどで快適です」。
最後に、奥さまに家づくりのアドバイスを尋ねてみた。「家の中をぐるりと回れる動線は便利。そして、間取りはシンプルにつくって、小物でアクセントをつけるのがオススメです。収納の位置や壁紙を決めたりする時は、この部屋ではどう過ごしたいか、何をするかなど、部屋ごとにイメージするといいと思います」。
 

[ブルースホーム]の建てる輸入住宅は気密・断熱性能の高さも魅力。冷暖房効率が良いので開放的な間取りでも快適に過ごせる
 

掃除のしやすさを考えキッチンパネルは琺瑯、足元はタイル張りに

物件情報

特別キャンペーン資料請求特典
オンラインVR住宅展示場 会場はこちら