家づくりnet

デザインも色合いも自分好み ママのセンスは家族の自慢!

そろそろ家を建てようと検討していたSさんが出会ったのは、ベツダイのゼロキューブ。 「モノトーン×木調」のアクセントに緑が配置された住まいに家族みんな大満足。
 

シンプルでシックな配色の
ゼロキューブに一目惚れ!

 

リビングの奥にダイニングキッチン、その向こうに独立した個室になるゲストルームを完備。家具も新調して理想のリビングを実現

 
 

スッキリとモダンな佇まいがステキな家は、室内もまるでショールームのよう。落ち着いた配色と木調で統一されたインダストリアルな空間は大人の雰囲気を醸し出す。さりげなく配置されたインテリアや植物にもセンスを感じる家をプロデュースしたのは、家族からその感性に絶大な信頼を寄せられる奥さま。ご主人と高校生の長男、小学生の長女と4人で暮らしている。「社宅に住んでいた頃から家を建てようと計画していました。そろそろ本格的に考えようというタイミングでゼロキューブの広告が目に留まり〝これだ!〟と直感しました」と当時を振り返る。シンプルな箱型のシックな黒の家に一目惚れ。そこで、同じように新築を考えていた仲良しの義理のお姉様と一緒にモデルハウスを訪れた。そこからゼロキューブの家づくりを知れば知るほどそのデザイン性や機能性の高さに惚れ込み、お願いすることに決めた。「もともとモノトーンが好きだったので本当に自分好みでした。〝私たちにちょうどいい〟というコンセプトにも惹かれましたね。私がこれだと思ったらそのまま突っ走るタイプなのを知っている主人も好きにしていいよと頷いてくれました」。ゼロキューブをカスタムオーダーした家は、奥さまのこだわりを散りばめた理想の住まい。先に家を建てはじめた義理のお姉様から情報を仕入れてどんな家にするか考えていたため、打ち合わせは驚くほどスムーズだったそうだ。
 

デザイン性の高さに定評のあるガルバニウム鋼板のファサード

 

ゲストを迎え入れる玄関もシックな雰囲気に。建具もすべて奥様がチョイス
 

細部にまでこだわる
〝私好み〟の空間が完成

 

 
どの部屋もこだわりのある大切な空間だが、特にお気に入りはダイニング。一日のはじまりに登校する子どもたちを見送り、ご主人とコーヒーを味わう時間に小さな幸せを感じるという。キッチンを優しく照らすライトはもちろん、家電やキッチンアイテムも好きなフォルムや色のものを揃えた。「一つひとつ吟味して選びました。もともと母もインテリアが大好き。私がきっちりしたいのも母譲りかも知れません」。ダイニングの横に広がるのは、家族団らんのリビング。レンガ調のタイルを敷き詰めた壁は、義理のお姉様とお揃いでオーダーした。「モデルハウスで見た時に衝撃を受けました。ゼロキューブの中でもいちばん惹かれたのがこのレンガ調のタイルですね」。軽量で手触りが良く、本物のレンガ感を演出するタイルを取り入れたことで質感がアップ。グレイトーンの壁紙や鉄骨の階段に、レトロなタンブラースイッチと細部までこだわる空間が完成した。
 

要望を伝えたら+αで
応えてくれる安心感

 
シンプル&スッキリ暮らしたいSさんの要望にしっかり応えてくれたゼロキューブ。「私から希望を伝えると、そのまま落とし込むのではなく、〝ここに収納があった方が便利ですよ〟〝室内干しのためのホスクリーンはどうですか?〟など、担当の方から教えていただいたことも凄く役に立ちました」。優れた断熱性能を持つ2×4工法、窓にはペアガラスを採用、耐震性や省エネ、デザイン性とコスパの良い仕上がりが同シリーズの人気の理由でもある。「義姉の家を建てたのと同じ営業さん、コーディネーターさん、大工さんでチームワークが良く安心感がありました」とSさん。最近は、ままごとセットでは物足らない長女とキッチンに立つなど、毎日の料理を楽しんでいる。「あとは、外構まわりに手を入れたいですね。緑を増やしたいです」と話してくれた。
 

「黒だと指紋やホコリも目立つので掃除の手間がかかるけれど、自分のテンションを優先しました」とSさん
 

物件情報

特別キャンペーン資料請求特典
オンラインVR住宅展示場 会場はこちら