【家づくりNet】注文住宅、リノベーションのことなら。 福岡で家づくりをご検討されている方必見!!

料理が、晩酌が、お昼寝が楽しくなる3世代の家族みんなの笑顔が増えた

家事が楽しくなるキッチン、晩酌がうれしくなるリビング

キッチン収納は奥さまのデザインをもとにすべてオリジナルで造作。両サイドにガラス扉をつけて食器を収め、お気に入りのキッチンアイテムや雑貨は棚に並べて「見せながら収納」。キッチンバックのカウンターは天板と壁に2色のタイルを取り入れた。「カウンターにレンジを置くと、せっかくのタイルが隠れてしまうので、カウンター下にレンジスペースをつくることにしました」。

 

狙いは的中。タイルづかいが映えるうえ、カウンターは料理中に皿や鍋を置く作業台として使えるのも便利だ。リビング側からキッチンの作業スペースが散らかって見えないように、キッチンカウンターは高めに造作。料理中もキッチンから子どもの様子を見守れるようにコンロ側の壁をスケルトンにしたのも、奥さまのアイデアだ。

 

「個性的なアクセントが欲しくて」と、リビングの壁の一面は杉板張りに。もう一面には、ご主人たっての希望でウイスキーボトルを飾る棚を作りつけた。「ダイニングに座ってリビングを眺めつつ、バーにいる気分で毎日晩酌をするのが楽しみで」とKさんは顔をほころばせる。自然素材はKさん夫妻の好きなインテリアとの相性もばっちりで、温もりあふれるナチュラルな空間が完成した。

物件情報

設計者名 村田聖一
施工者名 株式会社住工房プラスアルファ
特別キャンペーン資料請求特典