【家づくりNet】注文住宅、リノベーションのことなら。 福岡で家づくりをご検討されている方必見!!

心地よさも、便利さも、毎日使う場所こそこだわりたい

鳥栖市在住/Mさんの住まい

木の家 ナチュラル

「私、シックハウス?」奥さまがそう気づいたのは、新しい食器棚を開けたとたんに涙が止まらなくなったから。家づくりにも興味があったので、住宅の見学会にも出向いていたけれど、「玄関に入っただけで目にくる家もあって、建てるなら絶対自然素材の家と思っていました」。
 Mさん夫妻のハウスメーカー探しの日々は続き、たまたまチラシを見て足を運んだ完成見学会が[住工房プラスアルファ]との出会いのきっかけとなる。シックハウス対策を「赤ちゃん基準」(抵抗力の弱い赤ちゃんが暮らしても安心なレベル)で徹底している同社の住まいは、空気が清々しいのはもちろんのこと、「壁が板張りになったお風呂のデザインがすごく素敵でした」と、奥さまはその時の印象を振り返る。
Mさんのお宅で紹介しておきたいのが、ユニークな間取りだ。たいていよく見かけるのは、「玄関を入ると廊下があって、トイレがあって、洗面所があってその先にLDK」という間取り。しかし、Mさんの家では大きな土間のある玄関を上がると、すぐそこはダイニングキッチンが広がる。「普通の家」をイメージしていると、かなりのインパクトを受けるはず。「玄関の近くに水回りをまとめるお宅って多いですよね。でも、生活感がでる場所を玄関の近くに置きたくなくて。それに玄関ってただ出入りするだけであまり使いようがない空間ですよね。でもダイニングとの仕切り戸を開けておけば部屋の一部として使えるし、広がりも感じさせられるでしょう」と奥さま。なるほど。ちょっとした発想の転換で、すべてのスペースを有効に使えるようになるということか。「普通は」よりも、「私たちはどう住みたいか、どんな風に使うか」をよりリアルにイメージすること。それが家族の暮らし方にぴったりの家づくりのコツのようだ。

物件情報

施工者名 株式会社住工房プラスアルファ
特別キャンペーン資料請求特典