家づくりnet

OMソーラーの温もりとともに循環する自分たちらしい家づくり 福岡市在住/Mさんの住まい

木の家 ナチュラル

設計士の奥さまと造園業に携わるご主人が、自分たちでプランを立てて叶えた家づくり。
OMソーラー、耳納杉、シラス壁…自然からの贈りものを用いてデザインされた美しい住空間には、健やかな循環が巡っていました。

設計士の腕を生かして
家族でプランニング

 以前は、団地住まいだったというMさん一家。息子さんが生まれてから階段の昇り降りも大変になったことから、本格的に家づくりを考え始めた。以前は[福中協]にお勤めで、現在も設計士の仕事をしている奥さま。家を建てるなら、[福中協]と決めていたのだそう。
 コンセプトは「自分でプランした家づくり」。傾斜地や掘車庫のある地形の問題もあり、一筋縄ではいかない間取りの考案も、奥さまと造園の仕事をするご主人とのアイディアをもとに、気心の知れたスタッフとのチームワークで解消。
「もともと空気を優しく温めてくれるOMソーラーの家が好みで、それに福岡県産の耳納杉や塗り壁といった自然素材を用いて、“循環する家づくり”をかたちにしたかったんです」と微笑む奥さま。
 住み始めて丸2年。「冬の寒い日でも太陽が覗いていると、OMソーラーのほんわかした暖かさが本当に幸せ。室温が変動しにくいので、冷え込まないんです」と、健康的な住み心地のよさを実感している。

無理なく、理想を手に入れる
お手本にしたい家づくり術

 かつて掘車庫だった玄関を抜け、階段を上ると、1階は広々としたダイニングキッチンとウッドデッキ、庭のつながりを楽しめる美しい空間。階段を挿んで、リビングはDKより少し高さを出して、屋根勾配のある2階は、寝室と将来は子ども部屋も仕切れるように、自由度の高い設計にした。
「2階はオープンにしていますが、これから作り込んでいく予定なんですよ。水回りを集めた1階部分には薪ストーブを置けるように設計しました」。
「今、必要なもの」と「いずれ整えたいもの」とを分けて、選択していくことがベストだと奥さま。
 ご主人担当のエクステリアには、ぶどうの蔦を這わせたバーブラやビオトープ、ピザ窯をつくりたいねと話しているMさん一家。無理なく、理想を1つずつ手に入れるスマートな家づくり術、お手本にできそう。

物件情報

施工者名 福岡中小建設業協同組合
特別キャンペーン資料請求特典
オンラインVR住宅展示場 会場はこちら