家づくりnet

無機質な空間×有機的な美しさ。 グリーンが映える、眺めのいい部屋。

リフォーム・リノベーション

コードスタイルがつくった
南区在住/Nさんの住まい

 

福岡の市街地が見渡せる小高い丘の上に建つ
築37年のヴィンテージマンションをリノベーション。
無機質な素材と有機的な美しさが調和するN邸です。

 


南側に位置する部屋の壁を取り払い明るく広々としたLDKに。コンクリートの躯体はむき出しのままデザイン。日当りの良い窓辺は床にタイルを敷いてインナーバルコニーに。リビングの天井からも植物を下げられるよう、天井にディスプレイレールを配した

 

古くてもどこか面白い
ひとクセある物件を探して

 

道を歩いていると何となく心惹かれるヴィンテージマンションを見かけることはないだろうか。新しくはないが、どこか洒落た感じがするとか、アイデア次第ではおもしろい方向へ転びそうな“ひとクセ”があるとか。
[コードスタイル]を通して中古物件を探していたNさんも、この“ひとクセ”を大事にしていた。「1つだけどこかに面白いポイントがあればそれでいい!」と。そして、Nさんの好奇心がくすぐられるひとクセを、南区の小高い丘に建つマンションは持っていた。
「築37年、室内は古くて昔ながらの間取りでしたが、何しろ眺めが最高でした。本当は広いハーフバルコニーがある部屋を探していたんですが、ここならはめ込み式の窓を活かしてインナーバルコニーを作ってもいいな、と。いろいろ創造が広がる物件でしたね」。
気がかりだった建物の耐震性能も[コードスタイル]の建物診断で問題がないと判明。初めて物件を見た日から約4カ月後に売買契約、その翌月にリノベーション工事が始まった。
「最初は部分リノベを考えていたんですが、コードスタイルさんと感性が合うせいか、話をしていると僕らの気持ちもどんどん盛り上がるんです。で、思いきってフルリノベにしよう!と(笑)」とご主人。奥さまも「施工まで時間がけっこうあったので、自分たちで間取り図を描いて、そこにサイズを測って作ったミニチュア家具を置いてレイアウトをシミュレーションしたり、動線を確認したり。充実した時間でした」と振り返る。そして妥協せず、より良い空間にしたいというご夫妻の想いに応えるように、[コードスタイル]のモチベーションも上がったのだった。

私のリノベオーダー01

 

窓辺はグリーンが映える
インナーバルコニーに

 


お気に入りのグリーンをたくさん置けるよう、窓辺をインナーバルコニーにしてほしいとオーダー。床材を変えるだけで空間のゾーニングができ、とても気に入っています。


内窓を介してLDKとつながる個室は、デザイナーのご主人とアクセサリー作家の奥さまのワークスペース。ぜひ取り入れたかったのがアイアンの窓枠。主張し過ぎない一方で、広いLDKのアクセントにもなっている

日々生長する植物をアートのように愛でる空間

 

リノベーションで楽しかったことは?

[コードスタイル]との打合せ。いっぱい話をする中である日スタッフが完成予想図を描き起こしてくれたんですが、これがすばらしくて。「もう安心だな」と確信しました。やはり自分たちとセンスが合う会社選びが大事ですね。
 

空間のゾーニングを見直し、
広く、明るく、快適に暮らせるようリデザイン。

 

●before                         ●After


 

モルタルのキッチンカウンターに合わせ、壁はネイビーとグレーで塗装。造作棚を活かしたディスプレイも楽しめる。冷蔵庫などや食品類の棚は奥のバックヤードにレイアウト。キッチンまわりの片付けもスムーズに
 

私のリノベオーダー02

 

見せたくないものを
隠せるキッチン

 

表から冷蔵庫などの存在感があり過ぎる家電や、生活感が出る食料品が見えないキッチンが理想でした。一部の壁に黒いタイルを張ったのでぐっと引き締まった印象になりました
 

 

土間を広げて自転車を置けるスペースを確保。DIYの作業場にもなる。あえて明度を落としているため室内の明るさが強調される
 

廊下には本棚を造作。多くの蔵書とともに息子さんが描いた絵や、小さい頃の写真を並べたギャラリー的な空間
 

コンセントやスイッチの
細かい位置は現場で確認

 
 コンセントやスイッチの位置、配線のデザインも、快適な住空間づくりには譲れない要素。Nさんご夫妻も施工現場に足を運び、自分たちの生活スタイルや動線を思い描きながら、新たに気づいた部分や変更したい部分はその場で伝えるようにしたという。
「コードスタイルのスタッフは現場での変更もイヤな顔ひとつせず、職人さんに伝えて交渉してくれたので助かりました」。
細部にも思い入れを込めて造り上げたわが家。Nさんは「これからも少しずつ手を加えながら、より良い空間に育てていけたら」と語る。窓辺の緑もまだまだ増える予定。いきいきと生命力あふれる植物の姿こそ、この空間がいかに心地いいかを語っている。
 


リビングとつながる個室。天井は木目を楽しめる意匠にして、リビングよりもあえて低く設計。床材もウォールナットに変えて、別空間を造り上げた
 

床を無垢材にして天井をグレーに塗装。息子さんが大好きな海の生物や恐竜のオブジェがディスプレイされた棚は、部屋の雰囲気に合わせて自分たちで塗装
 

造作の洗面台。飾りの要素を極力そぎ落とし、清潔感を感じる白いタイルを壁一面に張った
 

トイレのクロスの色は、ドアを開けた時に違和感がないよう廊下と揃えた。清潔空間を維持するため、床材はふき掃除に適した素材を選んだ
 

 

物件情報

設計者名 株式会社コードスタイル
施工者名 株式会社コードスタイル
延床面積 100㎡
施工面積 100㎡
竣工 2017年8月
施工期間 2カ月
特別キャンペーン資料請求特典
オンラインVR住宅展示場 会場はこちら